日立製作所、ハンコレスを推進するブロックチェーン電子署名サービスの社内運用へ

日立製作所、ブロックチェーンで脱ハンコ促進

日立製作所は3日、ブロックチェーン(分散型台帳)技術を活用した「日立電子署名サービス」の先行運用を21年3月から開始したことを発表した。

21年3月からすでに自社内運用が開始されており、7月には国内企業向けに販売開始、長期的には海外企業にも提供を目指す方針が示された。

新たな日常(ニューノーマル)への対応が迫られ、多くの企業でテレワークの推進など業務の在り方が変化していく中、ハンコレスなどデジタル技術を活用した先駆的な働き方の確立を目標として掲げる。

「日立電子署名サービス」は、ブロックチェーン技術を活用して安全な電子契約を提供する新サービス。企業での書類の押印などを全て電子化することで、日本政府が2020年に呼びかけた「脱ハンコ」を推進していく。

ブロックチェーンを活用するメリットとしてはテレワーク促進や業務効率化、コスト削減の他、データの堅牢性や真正性の確保などが挙げられた。

ブロックチェーンを利用した基盤として採用実績のある「Hitachi Blockchain Service for Hyperledger Fabric」を活用していく。今月から既に日立製作所の調達部門で運用が開始されており、自社内での利用を基にしたフィードバックを反映させた後、7月以降から販売開始を目指す予定だ。

また中長期的には日立が保有する、生体情報からパスワードなどを作成する生体認証システムもブロックチェーン基盤に導入してセキュリティ強化を可能とする機能も実装予定。高いセキュリティが必須となる医療や金融などの領域での活用が想定される。

ブロックチェーン活用に前向きな日立製作所

日立製作所は国内の大手企業でも、ブロックチェーン技術の実用性を多く検証している企業の一つ。21年1月には日立製作所とみずほフィナンシャルグループが共同で、物流データを共有するブロックチェーンを使った実証実験が報道された。

物流企業の運転資金不足や管理業務の負担軽減、配送状況などの物流データの可視化を提供するサービスは2021年末までの開始を予定している。

日立とみずほ、共同でブロックチェーン活用の実証実験開始へ
日立製作所はみずほフィナンシャルグループと共同で、ブロックチェーンを使った基盤により物流データを共有する実証実験を今月中に始める。開発した基盤により、発注や納品、支払いに関する情報を管理する。

また20年11月には、国内暗号資産交換業者ディーカレットが主導する「デジタル通貨フォーラム」への参加を表明。同フォーラムは民間主体で発行する日本円に準拠した二層構造のデジタル通貨」の概念実証(PoC)など、デジタル通貨の実利用に向けた議論やPoCを進める業界団体で、金融庁などもオブザーバーとして参加する。

関連:日本発「二層型デジタル通貨」の可能性、フォーラム設立などディーカレット主導

脱ハンコの経緯

日本政府は20年6月、新型コロナウイルス(COVID-19)の世界的な感染拡大に伴い、予々示唆されていたデジタルトランスフォーメンション(DX)政策と感染防止対策の一貫として「押印は必ずしも必要ない」と見解を示した。同年11月には河野行政改革担当大臣が行政手続きにおける「脱ハンコ」を宣言している。

コロナ禍における非接触型決済など、各方面で感染予防を目的とした新たなシステムが整備される中、菅首相は20年10月の就任演説でもポストコロナ時代の成長戦略の軸として、デジタル戦略とグリーン戦略を挙げていた。

政府による緊急事態宣言は、3月中旬まで2週間の延長が決定された。新型コロナのワクチン接種が順次開始されてはいるものの、現時点で終息の目処は立たない。テレワークなどデジタル化の推進は、今後も必要不可欠な領域といえそうだ。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します