4/19開催のG20会議:仮想通貨規制議論再び|6月に規制案提出予定

3月にブエノスアイレスで行われたG20会議
3月初頭にブエノスアイレスでG20会議が行われ、仮想通貨規制計画の議論が行われました。その中で、各国の代表達が仮想通貨の重要性について理解し、仮想通貨が銀行業の過程を大幅に革新すると考えていることなど、複数の肯定的な発展が見受けられ、今後の発展を見越した規制が必要であると主張されました。
4月にワシントンDCで行われるG20会議
ワシントンDCにて4月19、20日に、財務大臣・中央銀行総裁第2会議が行われ、前回に引き続き、仮想通貨規制への議論が行われる予定です。そして、最初の実用的な仮想通貨規制案は、6月に財務大臣・中央銀行総裁第3会議にて提案されることが決まっています。

G20での仮想通貨規制議論が進行中

世界で最も経済が発展した国々で構成されたG20は、2018年に仮想通貨市場規制計画の議論を始めており、今週もその議論が引き続き行われました。

その中で、各国の代表達が仮想通貨の重要性について理解し、仮想通貨が銀行業の過程を大幅に革新すると考えていることなど、複数の肯定的な発展が見受けられました。

全ての国家において、その技術への適応を行い、悪意のあるエージェント達が不正を行うのを防ぎ、消費者達を詐欺から守るために、規制機関は、規制の枠組みを構築する必要があると判断しました。

一方で、G20加盟国は、その提案される規則が、その新技術の発展を阻害するべきではないと主張しました。

そして、最初の実用的な規制提案は、6月に財務大臣・中央銀行総裁第3会議にて提案されることが決まっています。

CoinPostの関連記事

韓国:G20を受け仮想通貨課税方針を6月までに公表・世界統一税率の動きも
2018年3月に行われたG20財務相・中央銀行総裁会議では、仮想通貨規制案の発表は見送られた形となりましたが、仮想通貨へ対する課税ガイドライン策定が検討されており、その中でも統一した税制の枠組みの策定に取り組むことは、関心の高い事項となっています。

ワシントンでの会議はどのような意見が出るのか

世界の経済的なリーダー達は、ワシントンDCにて4月19、20日にかけて、財務大臣・中央銀行総裁第2会議に出席します。

そして、より具体的な政策について、先月のブエノスアイレスでのアジェンダについて引き続き議論を続ける予定です。

結果的に、仮想通貨業界に対する規制提案は、保護貿易主義やシリア攻撃の激化による世界的金融影響のような国際的なアジェンダと同様、主要議題の1つとして取り扱われるでしょう。

国際通貨基金(IMF)や世界銀行グループもその会議に参加する予定で、22人の財務大臣、18人もの中央銀行総裁、そして、9人の国際的組織のリーダー達を含む計55人の代表達が参加する予定です。

この会議は、4月18日に国際的な商業の未来や、金融的脆弱性を含む国際的経済へのリスクなどが議題に上がったG20の金融次官第3会議に続いて開催されました。

アルゼンチンのG20で最優先事項に挙げられている3つのうちの1つが職の将来についてです。

ここでは、新しいテクノロジーが現在と未来の仕事市場、そして、金融への引き入れ、公平性、男女平等に焦点を当てた成長性と雇用に与える影響の見極めを行おうとしています。

これは、仮想通貨規制案が提示される6月に、公共の政策文書の発展を進める合意に至ることを目的としています

その会議への参加者達は、国際的な経済においてのリスク、適切な予防措置、実現に向けた必要な行動を特定するため、金融の発展を評価することが求められています。

さらに、2017年のドイツで行われたG20で先駆的な取り組みとして発足したアフリカの民間分野への投資を推進するアフリカへのコンパクト(Compact with Africa、CWA)に焦点を当てたセッションも行われる予定です。

Cryptocurrency Regulation Back on G20 Agenda in Washington Meet Today

Apr 19, 2018 by Cássio Gusson

参考記事はこちらから

CoinPost考察

前回3月のG20会議では、麻生太郎財務相が欠席しましたが、今回財務事務次官のセクハラ疑惑で取り沙汰され、賛否が分かれている中、参加することになっています。

日本は仮想通貨の法整備に関しては先進国の中でも進んでおり、各国から注目を集めています。

特にアメリカなども進める取引所ライセンス制に関して、先陣を切っている状況です。

しかし日本でも、ICO規制、また税の部分など、まだ整備されているとは言えない状況であるため、日本も含めた各国で議論が進み、その中での取り決めが国際標準化する可能性もあるでしょう。

一方で、前回のG20会議では「世界の金融市場にとって仮想通貨が及ぼす影響は、まだ限定的であるため、現状を見守っていく」という結論に至っていたため、6月に提出予定の規制案でもそれほど多くの規制がかけられることはない、との意見もあります。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加