CoinPostで今最も読まれています

マイクロソフト開発のビットコインブロックチェーン基盤の分散型IDネットワーク、正式稼働に

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

分散型IDネットワーク「ION」

米IT最大手マイクロソフトは、分散型のデジタルIDネットワーク「ION」が、ビットコイン(BTC)メインネット上にローンチされたと発表した。

IONは、メールアドレスやパスワード、携帯番号等などの個人識別情報を暗号化し、デジタルIDを生成。ユーザー自身がIDを所有し、公開鍵と秘密鍵を使用して、ブロックチェーン上で管理することを可能にする。

マイクロソフト社は、2017年より分散型IDソリューションを開発する分散型認証財団(DIF)に参加し、IONの開発に携わってきた。DIFは、分散型認証システムの基準を設定するために設立され、米ブロックチェーン企業ConsenSysや米大手取引所Gemini、仮想通貨決済大手BitPayなども参加。なお、IONはこれらの企業からも独立したオープンソースの分散型ネットワークとして、DIFで開発されており、昨年6月にベータ版が公開された。

関連:マイクロソフト、ビットコイン上で『分散型身分証明ネットワーク』を構築

マイクロソフト社は、IONのメインネットローンチを機に、ION分散型識別子(DID=Decentralized Identifier)の採用を促進するために、同社がデプロイしたIONノードを公開するという。さらに、開発者がウォレットや分散型アプリ、また認証サービス等にION DIDを統合するのを支援するため、オープンソースライブラリを提供する。

IONの特徴

ION(Identity Overlay Network)は、DIFが開発するDIDプロトコル「Sidetree」を、ビットコインブロックチェーン上にレイヤー2として実装する、公開されたパーミッションレス型のネットワーク。

そのため、追加のコンセンサスメカニズムは必要ではなく、ビットコインネットワーク上で情報のトランザクションを実行する。また、新たに独自トークンを発行することもない。

IONは、ネットワークで毎秒数千回のDID操作をサポートするように設計されているという。また、IONのDIDは、その所有者だけが無効化することができるため、個人が自身のデータに対する権利を取り戻すことができると考えられている。

分散型ID技術の意義

デジタル化が進む現代社会において、個人のデータ漏洩やプライバシー侵害に対する懸念が高まる中、その解決策の一つとして注目されるのが、分散型の身元認証システムの開発だ。

その基盤となる技術が分散型識別子で、現在、標準化されている識別子が中央集権的な組織(政府、企業やプラットフォーム)に統合され、管理されているのに対し、DIDはそのような組織・団体から切り離され、独立して運営できるように設計される。DIDは個人が生成、所有し、かつ管理することが可能になる。

IONの場合、ビットコインを個人がそれぞれの方法で所有し、管理しているように、IONのデジタルIDも個人が目的や用途に合わせて、複数のIDを作成し、異なる鍵で管理することができるようになるという。

DIDは、ビットコインネットワークのような公共型ブロックチェーンの有力なユースケースとしても、注目されているようだ。インターネットの標準化団体W3Cは、DIDを国際標準として認定するか検討中で、今月、その技術や背景に関する詳細な文書が公開された。

分散化は金融だけにとどまらない、新たな時代の潮流となりつつあるのかもしれない。

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
11:59
BTCマイナーに複数の降伏シグナル、実現損失は過去4番目の水準
暗号資産(仮想通貨)市場では資金繰りの悪化するビットコインマイナーに複数の「降伏シグナル」が散見された。1週間の実現損失額は、過去4番目の水準に達した。
11:55
欧州中銀総裁「仮想通貨規制の拡大が必要」
欧州中央銀行のラガルド総裁は、仮想通貨取引所FTXが破綻したことを受けて、より広範な仮想通貨規制が必要だと述べた。将来的にMiCAの範囲を拡大する必要があるとしている。
11:08
エイプコイン、ステーキング機能リリースへ
エイプコインのステーキング 暗号資産(仮想通貨)エイプコイン(APE)の正式なステーキング機能が12月12日にリリースされることが明らかになった。 Ape Staking Up…
10:15
米クラーケン、米財務省と和解
米仮想通貨取引所クラーケンは、米財務省OFACと和解した。イランに対する制裁違反があったことを自発的に報告し、約5,000万円の罰金を支払った形だ。
09:25
LINE傘下のBITFRONT、サービス終了へ
LINE傘下の仮想通貨取引所BITFRONTは、サービス終了を発表。サービスを終了する理由や今後の流れを説明している。
08:15
米フィデリティ、個人投資家向けにBTC・ETH取引を提供開始
米大手金融機関フィデリティは個人投資家向けにビットコインとイーサリアムの取引サービスを提供開始した。
07:40
米コインベース、Web3ゲーム関連銘柄を新規上場へ
米国の大手暗号資産取引所コインベースは29日、Web3ゲーム関連銘柄の新規取扱予定を発表した。
07:18
レンディング大手BlockFi、破産を申請
仮想通貨貸借サービス企業BlockFiは、米破産法11条にもとづいた破産申請を行った。破産申請の書類から、債権者などの詳細が明らかになっている。
06:50
29日朝|NYダウ下落 米利上げ長期化の懸念など
今日のニューヨークダウ平均は下落。中国でのゼロコロナ政策に対する抗議デモの激化や、利上げの長期化を示唆する連銀総裁らのタカ派的な発言などが売り材料になったようだ。
11/28 月曜日
16:06
国内イベント「Web3 Tokyo 2022」12月にオンライン開催へ
株式会社N2Mと株式会社こころまちはweb3カンファレンス「Web3 Tokyo 2022」を12月10日に開催する。渋谷区も後援するほか、経済産業省や仮想通貨業界の大手企業も登壇予定。
13:01
Coinsquareで顧客の個人情報漏洩か
カナダの大手仮想通貨取引所「Coinsquare」の顧客データベースが侵害され、個人情報が流出した可能性があることがわかった。パスワードは流出していない。
12:30
BTC上抜けならず反落、アルト相場も売り優勢
FTX破綻の影響で疑心暗鬼の暗号資産(仮想通貨)市場では、リバウンド局面でビットコイン上抜けならず反落。前週末に反発してたアルト相場も一斉に売り優勢となった。
12:15
仮想通貨取引所の資産開示、コインベースなど報告開始
米仮想通貨取引所コインベースは資産証明についての方針を発表。FTX破綻を受けて、多くの取引所も管理する顧客資産の情報開示に関する対応を発表している。
10:00
プーチン大統領、仮想通貨の必要性を語る
ロシアのプーチン大統領は、デジタル通貨と分散型台帳の技術を使用した、新たな国際決済ネットワークの必要性を呼びかけた。ロシアは仮想通貨などデジタル資産の環境整備を進めている。
11/27 日曜日
17:00
仮想通貨市場も注目のCPIとは
仮想通貨市場に影響を与えることが増えてきたCPI(消費者物価指数)について、概要や日米の違いなどをわかりやすく解説。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/11/29 19:00 ~ 21:00
東京 東京都港区六本木
2022/12/09 19:00 ~ 21:00
その他 東京都中央区日本橋茅場町/オンライン
2022/12/10 13:00 ~ 17:30
その他 オンライン / オフライン会場(詳細はホームページをご確認ください)
重要指標
一覧
新着指標
一覧