仮想通貨 DigixDAO(DGD)とは|金と連動する金本位制の仮想通貨について解説

金と連動する金本位制の仮想通貨
Digixは「金のデジタル化」を目的としたプラットフォームです。2016年にICOが実施され、当時の相場で550万ドルに及ぶETHトークンを調達しました。
2つのトークン – DGXとDGD
Digixエコシステムでは2つのトークン、DGXとDGDが運用されています。DGXは1DGX=1gの金のレートで価格が安定的に保たれます。また、DGXトークンが正当に運用されるため、DigixDAOというソフトウェアプロトコルが構築され、トークンセール時に売りに出されたDGDトークンはDigixエコシステムをサポートする役割を果たします
目次
  1. 概要
  2. 特徴
  3. 2つのトークンの役割
  4. Proof of Provenanceプロトコルとは

概要

通貨コード DGX、DGD
公開日 2016年3月
発行上限 2,000,000 DGD
公式サイト Digix公式サイト
ブロックチェーンURL

DGX ERC20 Token Tracker – Etherscan

DGD ERC20 Token Tracker – Etherscan

White paper Digix White paper

特徴

Digixは、イーサリアムのネットワーク上で金の所有権情報を管理するサービス、すなわち「金のトークン化」を提供するプラットフォームとして2016年に公開されました。

Digixでは、以下の2つのトークン

  • Digix Gold Token(DGX)
  • Digix Dao Token(DGD)

が用いられます。

2016年には、イーサリアム上でERC20準拠のDGDトークンについてクラウドセールが行われ、当時の相場で550万ドルに及ぶETHを調達しました。

DGDトークンは現在、Binance、Huobi、OKExといった大手取引所で売買が可能です。

Digixで発行されるトークンは、金の保有量により紙幣を発行する金本位制と似たコンセプトをとっています。

CoinPostの参考記事

市場全体が暴落している中で安定性を持つ仮想通貨4選
12月下旬から仮想通貨全体が暴落し始め、どのように自分の資産を守っていくか試行錯誤されていると思います。その暴落の中でも安定している通貨(ペッグ通貨)や金本位制に似た仕様を持つ通貨など紹介します。

2つのトークンの役割

Digix Gold Token(DGX)

DGXトークンは1DGXあたり1グラムの金と同じ価値を保有し、通貨として、またスマートコントラクトのシステム内で自由に使用される事が想定されています。

世界の現物地金取引を監督する業者団体であるロンドン貴金属市場協会(LBMA)が認定した金塊によってDGXの価格が裏付けされるため、DGXの価格は金の価格を反映し、その乖離は限りなく小さく維持されます。

裏付けとなる金塊は、シンガポールにある資産管理会社のThe Safe Houseが安全に管理しています。

DGXトークンは一般的な取引所での購入を行うことはできず、Digixが提供するDigix marketplaceを通じてETHで購入することができます。

Digix Dao Token(DGD)

DGDトークンは初めのトークンセール時に売り出されたトークンで、現在もマーケットで売買が可能なトークンですが、こちらは金による価格の裏付けはなされておりません。

金と同価値であるDGXトークンが正当に運用されるため、DigixDAO(Digix Distributed Autonomous Organization)というソフトウェアプロトコルが構築され、DGDトークンはDigixエコシステムをサポートする役割を果たします。

DGDの保有者はDigixのエコシステムを発展させるための投票に参加することができ、Digixのさらなる発展に貢献することができます。

この貢献によって、保有者にはDGDの取引で発生する手数料の一部が3ヶ月に一度配当される権利が与えられます。

CoinPostの関連記事
報酬・配当型トークンとは|保有しているだけで仮想通貨が増える?
報酬・配当型トークンとは、例えば特定の通貨を保有しているだけで手数料の何%かがトークン保有者に分配される仕組みです。株式と似たような配当制度を仮想通貨でも探しているユーザーは参考にしてください。

Proof of Asset

Digixのプラットフォームでは、金資産の存在・所有者を分散台帳に記述するシステムが構築されています。

このプロトコルにより、金の重量/所有者/第三者機関の監査といった記録や、サプライヤーから金庫まで金の行方を追跡した情報がイーサリアムベースのブロックチェーンで管理されます。

金の生産過程から始まり、全てのプロセスがパブリックブロックチェーン上に公開されるため、誰でも金の詳細な資産情報を参照することができ、透明性が保たれます

また、これらの情報はPoA(Proof of Asset) Cardと呼ばれるイーサリアム上のトークンに埋め込まれ、シンガポールでこのトークンと現物の金を交換することも可能です

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加