CoinPostで今最も読まれています

仮想通貨シータ(THETA)とは|注目ポイントと今後の将来性

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

THETAブロックチェーンとは?

THETAブロックチェーンは、動画ストリーミングにおける構造的な問題を解決するために構築された分散型の動画配信ネットワークです。従来のコンテンツ配信パイプラインのボトルネックは専門家の間では「ラストマイル」問題と呼ばれており、高解像度の高ビットレートの4k、8k、次世代ストリーミングプラットフォームにとっては大きな問題です。

この問題に対して技術的および経済的な解決策を提供するため、Thetaブロックチェーンは、ネットワーク全体での帯域幅の共有にインセンティブを与えるように設計されています。ユーザーは余った帯域幅やコンピューティングリソースを提供することで、トークンによる報酬を得ることができます。

Thetaのメリット

  • P2Pのストリーミングを利用したネットワーク負荷の軽減
  • イーサリアムとの互換性

THETAネットワークはERC-20に準拠した分散型の動画配信ネットワークです。つまり、THETAブロックチェーンの参加者はEthereumのエコシステムを利用することができます。ERC-20トークンは膨大な種類のウォレット、ゲームを包括しており、様々なサービスを享受することができます。

THETAブロックチェーンは動画の分散型ストリーミングに特化しているため、従来のネットワークと比べ負担を軽減することが可能です。(例:ピアリングキャッシングノードからのストリームの引き出し)コンセンサスアルゴリズムも高速化のためMulti-Level BFTというものを採用し、一般的なPoSシステムより速いと言われています。

従来のストリーミングサービスとの比較

Youtubeなど従来の動画ストリーミングサービスがルーターなどを介しながらも直接データを送信していた(図1.a)のに対し、キャッシングノードでデータをリレーすることで、効率的に帯域を利用することをTHETAは目指しています。

このキャッシングノードがTHETAネットワーク上のマイナーに相当し、ノードの運営者は提供した帯域とストレージに応じてTHETA Fuel(TFUEL)というトークンを得ることができます。

さらに、THETAネットワーク上でのスマートコントラクトを利用することで、広告収益、投げ銭、有料コンテンツ、複数配信者に対しての収益分配などの透明化も行われます。TNT-20という名のもと、独自にトークンをTHETAネットワーク上で発行することも可能で、今後NFT(非代替性トークン)の発行も可能になる予定です。

関連:非代替性トークン、NFTとは

THETAブロックチェーンのエコシステム

THETAブロックチェーンはTHETAトークンとTFUELという2種のトークンを利用しています。二つはそれぞれガバナンストークンとユーティリティトークンであり、前者は有限個の発行済みトークンとなります。

Thetaトークン

Thetaトークンは、Thetaネットワークのガバナンストークンです。このトークンは、バリデータ、またはガーディアンノードとしてステークする際、ブロックを生成する際、プロトコルのガバナンスに参加する際に使用することになります。現時点で流通しているThetaトークンは10億個で、今後追加で発行される予定はありません。

TFUEL

TFUELトークンは、エコシステムにおけるユーティリティトークンとして機能し、ネットワーク内での役割も何個かあります。主な役割としては、TFUELトークンは個々のユーザーがビデオストリームのキャッシングまたはリレーノードとして、冗長なコンピューティングおよび帯域幅リソースを共有するためのインセンティブとして機能します。

Theta.tv

Theta.tvは、THETAネットワークの主要なストリーミングサービスで、ユーザーはここからビデオを見たり投稿したりすることができます。将来このサービスはサムスン社のGalaxyシリーズのスマホに搭載される予定で、これが実現した場合、世界中の合計7500万台のデバイスにThetaが搭載されることになります。これにより、Thetaは世界中にユーザーを獲得、更なるエコシステムの発展が見込まれます。

2021年前期のロードマップ、直近の予定

Q1

  • Theta Token MinterがNFTに対応、非代替性のTNT-20トークンを作成可能に
  • THETAブロックチェーン上にDEX(分散型取引所)とNFTマーケットプレイスをローンチ

Q2

関連:非代替性トークンNFTとは

ロードマップの解説

Q1中にTHETAチェーン上でNFT作成が可能となり、分散型取引所の開設が2021年行われる予定です。Q2ではLINEと共同で、LINEの開発した暗号資産LINKとTFUELの交換が可能となる見込みです。

THETAのノードと似て、ユーザーはインターネット帯域幅を共有する見返りに、LINK(LN)を対価として得ることができ、国内のAndroidユーザーはGoogle Play Storeからダウンロードできる仕組みです。これまで日本国内では規制のため、配信ができませんでした。

しかし今回Theta Networkは20年9月にLINE傘下の仮想通貨事業およびブロックチェーン関連事業を展開するLVC式会社と提供を締結した為、今回LINKと交換可能なトークンを受け取る仕組みで提供開始に至りました。

また、6月に予定されるメインネットのローンチでは、エリート・エッジノードの正式実装によりTFUELのステーキング、バーン(焼却)が可能となる予定です。ステーキングにより帯域の提供に対する対価を得られるようになるほか、バーニングの実装によりネットワークの利用に一種のコストが付加されることになります。

今後の展望、将来性

THETA NETWORKの出資者は多く、日本で有名なものでは株式会社GREE、gumi、Sony innovation fundなどがあり、ストリーミングプラットフォームとしても様々な会社と提携しており、サムスンVRやpandora.tvなどが名を連ねます。またその期待は動画メディア業界でも大きく、メディアアドバイザーにはYoutubeの共同創業者のSteve Chen氏、Twitch共同創業者のJustin Kan氏などが付いています。

ロードマップ通りにプロジェクトが進んでいけば、THETAは今後も価値が上昇していく可能性はあるでしょう。現在2021年3月、価格がおよそ1,300円と高騰しているのはこれらの発表への期待とも取れます。この需要が一過性のものとなるかどうかは今後もTHETAプロジェクトが透明性を持った事業の発表を行い、それらを安定してアップデートを行えるかにかかっています。

ガストークンであるTFUELのステーキングが6月末にメインネット3.0とともにローンチ予定であることを考えると、一定の期待はそれまで続くと考えられます。

関連:

シータ(Theta)が時価総額9位まで高騰、分散型ストリーミング銘柄に高い関心 (coinpost.jp)

Updated Theta Mainnet 3.0 launch schedule — June 30, 2021

『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/12 金曜日
18:00
ドージコインの価格動向と将来性 イーロン・マスクとの関係や決済機能の近況
主要なミームコイン、暗号資産(仮想通貨)ドージコインの価格予想、将来性、リスク、企業決済導入の動きについて解説。イーロン・マスク氏との関係やXでの決済導入にも注目。
17:30
JPモルガンのビットコイン市場予測 8月に反発か
JPモルガンは、仮想通貨ビットコインの生産コストや金価格を考慮し、市場全体への資金流入予測を120億ドルから80億ドルに引き下げた。ビットコインの大量売却が7月中に緩和し、8月以降の市場反発が期待される。
13:45
米連邦地裁、コインベースによるゲンスラーSEC委員長のメール開示請求を批判
米連邦地裁のファイラ判事は、米大手取引所コインベースが証券取引委員会に対する訴訟で、ゲンスラー委員長の私的通信の開示を求める申し立てを行ったことについて強い懸念を示した。
12:33
米CPIポジティブでビットコイン上昇も、買い続かず
暗号資産(仮想通貨)相場ではCPI(米消費者物価指数)発表を受けビットコイン(BTC)が一時上昇するも、レジスタンスライン(上値抵抗線)で阻まれ下落に転じた。
11:40
「仮想通貨保有者は超党派」米コインベースの大統領選挙関連調査
米コインベースは大統領選と仮想通貨に関する調査を発表。共和党、民主党いずれの支持者にも同程度、仮想通貨ユーザーがいるとしている。
11:00
ソラナ基盤の「DePlan」、遊休サブスクをレンタルして収益化
仮想通貨ソラナ基盤DePINプロジェクト「DePlan」が概要を発表。ユーザーは購読しているアプリの未使用部分をレンタルして収益化できる。
09:50
パクソス、米SECによるBUSDの調査が終了したことを発表
BUSDは有価証券ではないと主張してきたパクソスは、米SECの調査が終了したことを発表。BUSDについて、SECは同社を提訴しないと決断したと説明した。
08:20
Coinbase Walletの新たなウェブアプリ、仮想通貨ポートフォリオを360度でチェック可能
仮想通貨取引所大手コインベースは12日、新版のCoinbase Walletのウェブアプリをローンチした。より利便性の高いユーザー体験を提供する機能を導入している。
07:25
ソラナミーム仮想通貨BONK、840億トークン焼却(バーン)へ
ソラナ基盤の大型仮想通貨ミームコインBONKの保有者たちは12日、約840億トークンを焼却する提案を採決した。
07:00
ビットコイン、短期保有者の取引活発化か
仮想通貨取引所のビットコイン残高が増加傾向にある。CryptoQuantの幹部によれば、短期保有者の取引が活発化している可能性が高いという。
06:55
ビットコイン保有の米マイクロストラテジー、1株を10株に分割へ
仮想通貨ビットコインを最も保有する米上場企業マイクロストラテジーは11日、株式の10分割を発表した。
06:20
韓国アップビット、仮想通貨Galxe(GAL)上場
韓国大手取引所であるアップビットとビッサムは11日に銘柄の新規上場を実施した。
07/11 木曜日
14:20
バイデン大統領顧問、仮想通貨業界リーダーらとの円卓会議に参加
共和党が仮想通貨支持の姿勢を強める中、バイデン米大統領のアニータ・ダン上級顧問は、仮想通貨業界のリーダーと民主党議員が意見を交わす場として開催された円卓会議に参加した。
13:50
a16zのアンドリーセン氏、AIボット支援で800万円相当のビットコインを送付
米VC大手のa16zの創設者であるマーク・アンドリーセン氏は10日に、AIエージェント「Truth Terminal」に5万ドル分のビットコイン(800万円相当=0.866 BTC)を送金したことが判明した。
11:55
Web3ゲーム企業Immutableが日本進出、DMMグループDM2C・QAQAと提携
Web3ゲーム企業Immutableは、日本企業DM2C StudioおよびBLOCKSMITH&Co.と一連の戦略的パートナーシップを結んだ。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2024/07/17 09:00 ~ 18:30
東京 東京ミッドタウン八重洲
2024/07/18 ~ 2024/07/19
東京 国立新美術館
2024/07/22 18:00 ~ 21:00
東京 銀座 日東コーナー 1948
重要指標
一覧
新着指標
一覧