仮想通貨シータ(THETA)とは|注目ポイントと今後の将来性

THETAブロックチェーンとは?

THETAブロックチェーンは、動画ストリーミングにおける構造的な問題を解決するために構築された分散型の動画配信ネットワークです。従来のコンテンツ配信パイプラインのボトルネックは専門家の間では「ラストマイル」問題と呼ばれており、高解像度の高ビットレートの4k、8k、次世代ストリーミングプラットフォームにとっては大きな問題です。

この問題に対して技術的および経済的な解決策を提供するため、Thetaブロックチェーンは、ネットワーク全体での帯域幅の共有にインセンティブを与えるように設計されています。ユーザーは余った帯域幅やコンピューティングリソースを提供することで、トークンによる報酬を得ることができます。

Thetaのメリット

  • P2Pのストリーミングを利用したネットワーク負荷の軽減
  • イーサリアムとの互換性

THETAネットワークはERC-20に準拠した分散型の動画配信ネットワークです。つまり、THETAブロックチェーンの参加者はEthereumのエコシステムを利用することができます。ERC-20トークンは膨大な種類のウォレット、ゲームを包括しており、様々なサービスを享受することができます。

THETAブロックチェーンは動画の分散型ストリーミングに特化しているため、従来のネットワークと比べ負担を軽減することが可能です。(例:ピアリングキャッシングノードからのストリームの引き出し)コンセンサスアルゴリズムも高速化のためMulti-Level BFTというものを採用し、一般的なPoSシステムより速いと言われています。

従来のストリーミングサービスとの比較

Youtubeなど従来の動画ストリーミングサービスがルーターなどを介しながらも直接データを送信していた(図1.a)のに対し、キャッシングノードでデータをリレーすることで、効率的に帯域を利用することをTHETAは目指しています。

このキャッシングノードがTHETAネットワーク上のマイナーに相当し、ノードの運営者は提供した帯域とストレージに応じてTHETA Fuel(TFUEL)というトークンを得ることができます。

さらに、THETAネットワーク上でのスマートコントラクトを利用することで、広告収益、投げ銭、有料コンテンツ、複数配信者に対しての収益分配などの透明化も行われます。TNT-20という名のもと、独自にトークンをTHETAネットワーク上で発行することも可能で、今後NFT(非代替性トークン)の発行も可能になる予定です。

関連:非代替性トークン、NFTとは

THETAブロックチェーンのエコシステム

THETAブロックチェーンはTHETAトークンとTFUELという2種のトークンを利用しています。二つはそれぞれガバナンストークンユーティリティトークンであり、前者は有限個の発行済みトークンとなります。

Thetaトークン

Thetaトークンは、Thetaネットワークのガバナンストークンです。このトークンは、バリデータ、またはガーディアンノードとしてステークする際、ブロックを生成する際、プロトコルのガバナンスに参加する際に使用することになります。現時点で流通しているThetaトークンは10億個で、今後追加で発行される予定はありません。

TFUEL

TFUELトークンは、エコシステムにおけるユーティリティトークンとして機能し、ネットワーク内での役割も何個かあります。主な役割としては、TFUELトークンは個々のユーザーがビデオストリームのキャッシングまたはリレーノードとして、冗長なコンピューティングおよび帯域幅リソースを共有するためのインセンティブとして機能します。

Theta.tv

Theta.tvは、THETAネットワークの主要なストリーミングサービスで、ユーザーはここからビデオを見たり投稿したりすることができます。将来このサービスはサムスン社のGalaxyシリーズのスマホに搭載される予定で、これが実現した場合、世界中の合計7500万台のデバイスにThetaが搭載されることになります。これにより、Thetaは世界中にユーザーを獲得、更なるエコシステムの発展が見込まれます。

2021年前期のロードマップ、直近の予定

Q1

  • Theta Token MinterがNFTに対応、非代替性のTNT-20トークンを作成可能に
  • THETAブロックチェーン上にDEX(分散型取引所)とNFTマーケットプレイスをローンチ

Q2

関連:非代替性トークンNFTとは

ロードマップの解説

Q1中にTHETAチェーン上でNFT作成が可能となり、分散型取引所の開設が2021年行われる予定です。Q2ではLINEと共同で、LINEの開発した暗号資産LINKとTFUELの交換が可能となる見込みです。

THETAのノードと似て、ユーザーはインターネット帯域幅を共有する見返りに、LINK(LN)を対価として得ることができ、国内のAndroidユーザーはGoogle Play Storeからダウンロードできる仕組みです。これまで日本国内では規制のため、配信ができませんでした。

しかし今回Theta Networkは20年9月にLINE傘下の仮想通貨事業およびブロックチェーン関連事業を展開するLVC式会社と提供を締結した為、今回LINKと交換可能なトークンを受け取る仕組みで提供開始に至りました。

また、6月に予定されるメインネットのローンチでは、エリート・エッジノードの正式実装によりTFUELのステーキング、バーン(焼却)が可能となる予定です。ステーキングにより帯域の提供に対する対価を得られるようになるほか、バーニングの実装によりネットワークの利用に一種のコストが付加されることになります。

今後の展望、将来性

THETA NETWORKの出資者は多く、日本で有名なものでは株式会社GREE、gumi、Sony innovation fundなどがあり、ストリーミングプラットフォームとしても様々な会社と提携しており、サムスンVRやpandora.tvなどが名を連ねます。またその期待は動画メディア業界でも大きく、メディアアドバイザーにはYoutubeの共同創業者のSteve Chen氏、Twitch共同創業者のJustin Kan氏などが付いています。

ロードマップ通りにプロジェクトが進んでいけば、THETAは今後も価値が上昇していく可能性はあるでしょう。現在2021年3月、価格がおよそ1,300円と高騰しているのはこれらの発表への期待とも取れます。この需要が一過性のものとなるかどうかは今後もTHETAプロジェクトが透明性を持った事業の発表を行い、それらを安定してアップデートを行えるかにかかっています。

ガストークンであるTFUELのステーキングが6月末にメインネット3.0とともにローンチ予定であることを考えると、一定の期待はそれまで続くと考えられます。

関連:

シータ(Theta)が時価総額9位まで高騰、分散型ストリーミング銘柄に高い関心 (coinpost.jp)

Updated Theta Mainnet 3.0 launch schedule — June 30, 2021

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します