日本の仮想通貨送金ルール導入目処、2022年4月か【FATF・トラベルルール】

トラベルルール導入について

金融活動作業部会(FATF)が進める仮想通貨の国際的な送金ルールとなる「トラベル・ルール」について、金融庁が日本の暗号資産(仮想通貨)交換業協会(JVCEA)に対し、2022年4月を目処に導入を進めるために体制整備を進めるよう求めた。

金融庁が31日、「暗号資産の移転に際しての移転元・移転先情報の通知等(トラベルルール)について(要請)」とする内容で、要請したことを公表した。

トラベル・ルールは、仮想通貨取引所などのVASPに対して、取引の送金者と受取人の情報を収集・交換し、その情報の正確性を保証することを求めるマネー・ローンダリング及びテロ資金供与対策。非中央集権下で拡大する国際送金ネットワークをVASPを中心に管理し、犯罪等を防ぐことを目的とする。

金融庁は31日のリリースで、日本の交換業者も同ルールを的確に実施していくことが求められると強調。JVCEAとして、トラベルルールの的確な実施に向けた検討を実施し、技術面や運用面での課題を解決。速やかにトラベルルールを実施する体制を整備するよう求めた。

また、本リリースで新たに判明したのが、日本のJVCEAがトラベルルールを導入する予定時期。内容によると、JVCEAは「2022年4月」を目処としているという。

トラベルルールのガイダンス

一方、トラベルルールについては、新たに発表されたガイダンスがプライバシーとイノベーションの観点から問題があるとする指摘も相次いでいる。

ガイダンスが初めて発表されたのは2015年。2019年に更新版が出されたあと、2019年版をさらに修正する草案が今年3月に提出されたばかり。

具体的には、新ガイダンスに関する内容は、スマートコントラクトやレイヤー2技術の参加者を含むネットワーク参加者にまで監視義務を課すことを提唱する「非カストディ事業体への監視義務」で、非中央集権モデルのイノベーションを阻害する可能性があるとする意見などがある。(詳しくは以下の記事にて)

FATFの仮想通貨ガイダンス修正案に大きな問題点か、米業界団体が指摘
金融活動作業部会が発表した仮想通貨ガイダンスの最新案には、これまでの世界的なコンセンサスを覆す多くの問題点が含まれると、米ワシントンDCに拠点を置く仮想通貨シンクタンク、コインセンターが警鐘を鳴らした。
24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します