リップル裁判に進展、裁判官がSECの一部要請を棄却

4月9日の展開

暗号資産(仮想通貨)XRP(リップル)の有価証券問題をめぐる裁判で、Sarah Netburn裁判官が米時間4月9日に、SEC(証券取引委員会)の一部の要請を認めない判断を下したことがわかった。

SECがリップル社に対する訴訟で、Brad Garlinghouse CEOと共同創設者Chris Larsen氏に対して、個人的な財務記録の提出を要請していたが、Netburn裁判官はXRPトランザクション以外の個人的な財務記録が本裁判には無関係だとみなし、要請を棄却した。

弁護士のJames Filan氏が裁判書類をSNSに投稿している。

3月中旬に、Garlinghouse氏とLarsen氏はSECが銀行に両者の個人的な財務記録の提出を要請したのが行き過ぎた行為であるとして、裁判所に要求を阻止するよう求める書簡を送った経緯がある。今回の判断は、両氏の申し出を認めたことを意味する。

関連リップル社CEOら、米SECが要求した個人財務記録提出の無効化を裁判所に求める

一方、今後の証拠開示手続き(ディスカバリ)の過程において、仮にSECが両氏に関わったXRPトランザクションの記録を見つけ、それらの内容が以前提出された書類に含まれていなかった場合には、証拠をもって、関連する財務記録の提出を裁判所に再び求めることはできるという。

6日の進展

上記内容のほか、4月6日に行われた証拠開示手続きの裁判審議においても、リップル社に有利な進展があった。

リップル社が審議で、イーサリアム(ETH)については、ICOによる資金調達が有価証券による資金調達に類似すると主張し、SECがXRPとビットコイン(BTC)、ETHの性質における相違を説明できていないと指摘しその説明を求めたが、SECは質問に直接回答しなかった。

審議の結果としては、裁判官がSECによるBTC、ETH、XRPの内部および外部情報に対する証拠開示手続きを含むリップル社の2つの申し出を許可したことから、ポジティブな進展として好感されていた。

関連リップル訴訟に進展、裁判官がSEC(米証券取引委員会)に証拠開示手続きを要求

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します