リップル社CEOら、米SECが要求した個人財務記録提出の無効化を裁判所に求める

米SEC:銀行に個人財務記録の召喚状を送付

暗号資産(仮想通貨)XRPの未登録証券問題をめぐり、米証券取引委員会(SEC)と係争中の米リップル社幹部二人が、SECが銀行に両者の個人的な財務記録の提出を要請したのは、行き過ぎた行為であるとして、裁判所に要求を阻止するよう求める書簡を送っていたことがわかった。

SECは、XRPの発行及び販売を行ったリップル社とともに、同社のBrad Garlinghouse CEOと共同創設者Chris Larsen氏が、XRPは証券ではないと投資家に誤認させたと主張し、提訴している。SECは、今週シルバーゲート銀行やニューヨーク連邦準備銀行をはじめとする6つの銀行に対し、両氏の8年間に及ぶ個人財務情報の提出を求める召喚状を送付した。

両氏の弁護士は、この訴訟の争点は、あくまでも「未登録証券の販売の主張」に関連するものであり、「詐欺事件」のような捜査ではないと強調。SECは両氏の個人的な財務とリップル社の財務が混同されていたと主張していないにも関わらず、訴訟と関係のないビジネスの収益や「スーパーで毎週いくら使っているか」の明細に至るまでの、全ての金融記録を要求するのは、「全く不適切で行き過ぎた行為」であると主張した。

XRP取引関連の金融記録提出は同意済み

また書簡によると、Garlinghouse氏とLarsen氏は、SECが必要とする次のような取引記録の提出については、すでに同意しているという。

  • 争点となっているXRPの販売に関する取引記録
  • 両被告がリップル社から受け取った報酬に関する財務記録

SECは上記の情報だけでは十分ではなく、被告個人の銀行記録すべての提出を求めているが、そのような権利を裏付ける一貫した説明はなかったという。両氏はこの件について、SECと何度も協議を重ねたが合意には至らず、司法の介入が必要な段階に達しており、財務情報提出の召喚状は破棄されるべきだと、弁護士は主張している。

プライバシーの侵害

また、弁護士は、SECの行為はクライアントのプライバシー権を脅かすものだと指摘。

SECが銀行に送付した召喚状では、現在までの銀行口座の取引データ、および月次明細書はもちろん、小切手や郵便為替、また電子送金通知書などの画像も要求されており、個人の包括的な個人の金融記録を求めている。そのため、両被告のプライバシーが著しく侵害されることになると主張した。

訴訟の進捗

Garlinghouse氏とLarsen氏個人に関して、SECは2月に修正訴状を提出。同訴状では、両氏がXRPについての価格や出来高、また販売戦略に与える影響等について、2015年当時の最高財務責任者から随時、報告を受けていたことが指摘された。

両氏はXRPが投資契約、つまり有価証券であるとみなされるという法的助言を無視して、販売を手助けしたとSECは主張。この行為によって、両氏は約6億ドルの個人的な利益を得たと指摘されている。

両氏はSECに対し、今月初めに自身に対するこのような訴状の取り下げを求める内容を記した申立を、それぞれ裁判書に提出している。

リップル社に対する動きとしては、3月9日、SECが新たな書簡を提出し、リップル社側から提出された「適正手続きの保障と公正な通知」に関する主張に反論し、同論点の削除を申し立てている。

関連:リップル訴訟で新たな進展──米SECが新たな書簡提出

リップル社の訴訟問題は、同社の提携企業にも影響を及ぼしており、米送金大手のマネーグラムに対して株主から損害賠償を求める集団訴訟が起こされている。訴訟内容はマネーグラムが、XRPが未登録証券である可能性について、投資家に誤認をまねく情報を与え、完全な情報を開示していなかったというものだ。

また、マネーグラムは3月8日、リップル社との戦略的提携関係の中止を決定したことを発表した。

関連:マネーグラムに対する集団訴訟 リップル社・XRP関連で

なお、Coinpostでは、国内外の取引所やファンド、マーケットメーカーのXRP対応について、下記にて随時更新情報を提供している。

関連:【随時更新】リップル訴訟に関する国内外仮想通貨取引所・ファンドのXRP対応一覧

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します