CoinPostで今最も読まれています

元CFTC会長「ETHやXRPは有価証券の可能性も」 米取引所で取引不可になるか

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

元米先物相取引委員会(以下、CFTC)会長が重要発言
仮想通貨ETHやXRPに対し、「その特性上、有価証券として区分される可能性」を問題視、さらにXRPについては「規則に準拠しない有価証券の可能性もある」と指摘しています。
有価証券となった場合、SEC未認可の米取引所では取引不可に
取引所が有価証券の取り扱いが出来るようになるためには、SECに認可登録を受ける必要があり、現時点でアメリカ国内では認可を受けた仮想通貨取引所は存在しません。

元CFTC会長が重要発言

Gary Gensler氏(以下、Gary氏)は、2009年のオバマ政権から、2014年民主党政権が終わるまで、米商品先物取引委員会(以下、CFTC)の会長を務めた人物です。

米商品先物取引委員会(CFTC)とは

米国内の先物取引市場の動向を常時監視し、市場参加者の保護や市場の健全性が保たれるよう、不正防止や摘発を行う権限を持つ独立機関のこと。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

彼は現在、MITにて仮想通貨やブロックチェーン関連の教育事業に携わっています。

米国内金融商品の法規制に携わってきた彼の動向は、常に注目を集めているのです。

そんなGary氏は、2018年4月22日、Newyorktimes内で今後の米国仮想通貨業界を動かす発言をしました。

ETHやXRPは有価証券なのか

彼はそのスピーチにて、ビットコインは依然として有価証券としての特徴を持っておらず、規制から免れることができていると前置きをしたうえで、現在時価総額2位、3位につける二つの通貨について発言しました。

ETHやXRPの場合は、大きく事情が異なります。特にXRPは、規則に準拠していない有価証券の可能性も考えられます。

これまでも米国証券取引委員会(以下、SEC)は、仮想通貨に関して、それが有価証券であるかどうか、そして規制の対象に入るかどうか議論を繰り返してきました。

そして2018年3月8日、SECがICOなどで発行される仮想通貨について、有価証券に含まれるものが多数存在すると認め、規制枠組みを作っていくことを発表しました。

CoinPost関連記事

米証券取引委員会(SEC)公式声明:未登録の仮想通貨取引所は違法状態
米証券取引委員会(SEC)は、国内の仮想通貨の取引所はSECの登録なしでは違法状態である、と公式声明を出しました。アメリカでは国と州で各々が規制制度が検討している関係で、日本ほど国による取引所の管理がうまくいっていないようです。

発言に対する反論

このような状況にある一方で、イーサリアムとリップルの両陣営は、Gary氏の指摘に反論しています。

イーサリアム財団Executive Directorの宮口礼子氏は、以下のように述べました。

「我々はETH供給を制限したり新規発行したりすることは出来ません、また財団が保有するETHの割合はエコシステム全体の1%未満です。」

リップル社のスポークスマンであるTom Channick 氏もニューヨーク・タイムズの取材に対し、以下のようにコメントしています。

「リップル社の株式保有者や出資者にXRPを与えている訳ではなく、彼らに配当金を支払うこともありません。

XRPはリップル社の外に存在しています。XRPはリップル社が設立する前に誕生し、リップル社はXRPが生まれた後に設立されました」

こうした反論が寄せられた背景には、現行の米金融商品取引法でこれらが有価証券として認められた場合、投資家が利用しているアメリカの取引所では、対象通貨の取り扱いができなくなるという問題が存在しています。

取引所が有価証券の取り扱いを出来るようにするためには、SECに認可登録を受けていなくてはならないのです。

そして、現時点でアメリカ国内では認可を受けた仮想通貨取引所は存在しません。

議論の結末が悪い方に転んだ場合、通貨の取引が困難になり、価値が下がってしまう可能性も考えられるのです。

2018年は規制がより活発に

こうした流れの中で、Gary氏は2018年は政府による規制がより強まる年になると考えています。

彼は、以下のように述べています。

「2018年は、非常に興味深い年になるでしょう。

現時点でおよそ1000以上のICOが発行されており、100以上の取引所がそれを提供しています。

彼らはアメリカの証券法にどのように従うのか、考えをまとめる必要があるでしょう。」

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12/08 木曜日
17:48
BTCメジャーSQに向けポジション再調整は起こり得るか|仮想NISHI氏寄稿
暗号資産(仮想通貨)ビットコインの「メジャーSQ」に向け、ポジションの再調整は起こり得るのか?SBI VCトレードのクリプトアナリストである「仮想NISHI」氏が最新の市場動向を分析。
16:30
テレグラムが番号登録不要で利用可能に、ブロックチェーンID採用
メッセージングアプリ「テレグラム」は、プライバシー性能を高める機能を複数実装したことを発表。SIMカードなしでアカウントを作成できるようになっている。
15:35
米議会両院、FTXのサム前CEOを公聴会に召喚へ
米上院銀行委員会は、仮想通貨取引所FTXの前CEOサム・バンクマン=フリード氏宛ての書簡を公開。公聴会に向けて、期日までに出席する意向を示さない場合に召喚状を提出する構えを示した。
15:00
韓国中銀、ステーブルコインの監督権限を求める
韓国銀行(中央銀行)は、仮想通貨規制に関する報告書を発表。ステーブルコインに関して特別規制を設けるよう提案し、中銀に監督の役割が与えられるべきだと主張した。
14:44
Oasys、OASの一斉上場と初のNFTプロジェクト「OASYX」発表
国内発ゲーム特化型ブロックチェーンのOasysは、海外取引所でのネイティブトークンOAS上場予定と、初のNFTプロジェクト「OASYX」を発表した。セガのバーチャファイターで知られる鈴木裕氏が監修を務める。
12:55
ビットコイン投資信託GBTC 訴訟問題
米最大手仮想通貨投資企業グレースケールが訴訟に直面。原告はGBTCのマイナス・プレミアムを解消するため、償還プログラムを提供させるために帳簿記帳の開示を要求している。
12:10
カナダ最大の年金基金、仮想通貨投資の検討を終了
カナダ最大の年金基金CPPインベストメンツは、ビットコインなど仮想通貨への投資を検討する取り組みを終了していた。仮想通貨への直接投資は行っていないと述べている。
10:20
欧州中銀理事、仮想通貨のリスクと規制方針を提示
欧州中央銀行のパネッタ理事は、ビットコインなど仮想通貨のリスクと規制方法についてスピーチを行った。仮想通貨がもたらす環境負荷などに対応する税制も提案した。
09:42
三井住友、SBTの実証実験を開始へ
三井住友フィナンシャルグループは、譲渡不可能なNFTであるSoulboundトークンを本人確認などの証明に活用する実験を開始。今後の計画が明らかになった。
08:05
バイナンスのビットコイン準備金は100%以上 監査報告
国際監査法人Mazarsはバイナンスの顧客ビットコイン資産が完全である結果を出した。
07:30
金融庁、ステーブルコインの規制を強化か
金融庁は、天谷金融国際審議官が行った仮想通貨に関する講演のプレゼン資料を公開。この資料によると、金融庁は今後アルゴリズム型ステーブルコインの規制を強化する可能性がある。
07:05
8日朝|コインベースの今年の売上は半減か
今日のニューヨークダウは小幅安。IT・ハイテク株の値動きはまちまちで、銀行株や航空株は下落。仮想通貨ではAI関連銘柄のFETが続伸した。
12/07 水曜日
17:48
Ledger、次世代ウォレット「Ledger Stax」公開
大手仮想通貨ウォレット企業Ledgerは、iPodやiPhoneの開発に携わったTony Fadell氏がデザインした最新モデルのハードウォレット「Ledger Stax」のリリースを発表。2023年3月に販売開始する。
16:09
ソラナウォレットPhantom「顧客データ取得していない」
仮想通貨)ソラナの主要なウォレットPhantomは、ユーザーデータに関連するプライバシーポリシーについて説明。ウォレットアドレスとIPアドレスなどを取得していないと表明した。
14:09
仮想通貨決済の「Slash」、ピッチイベントで最優勝賞
仮想通貨の決済サービスSlash Web3 Paymentsは、Arriba StudioとNewsPicksが共催した「ArribaX」のピッチイベントで、最優勝賞と特別賞を受賞したことを発表した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/09 19:00 ~ 21:00
その他 東京都中央区日本橋茅場町/オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧