米GS:デジタルアセット部門のトップに大物雇用で仮想通貨デスクの期待が再燃

ゴールドマンサックスと仮想通貨市場
世界最大手の金融機関「ゴールドマン・サックス」が、デジタルアセット戦略の一貫としてクオンツファンドのSVPを務めたJustin氏をNY証券部門トップに起用したことを受け、仮想通貨資産のトレーディングデスク思惑が再燃しています。
公式見解では否定
これを受けて、ゴールドマンサックスが仮想通貨資産の「OTCトレーディングデスク」を実装するという噂が再燃していますが、同社CEOは一貫して否定しています。

ゴールドマンサックスと仮想通貨

ゴールドマンサックスが、自社の「デジタル・アセット戦略」の発展のため、証券取引のベテランを雇用したことが判明しました。

同社は、仮想通貨資産中心のOTCトレーディングデスクの実装について、一貫して否定し続けています

ビジネスニュースアウトレット「Tearsheet」によると、ゴールドマンサックスは先週「Justin Schmidt」氏を雇用しました。

定量分析を基本として運用を行なう「クオンツファンド」の「セブン・エイト・キャピタル」でシニア・バイスプレジデント(SVP)などの経歴を持つ「Schmidt」氏が、ゴールドマンサックスのニューヨーク証券部門におけるバイスプレジデント(VP)に就任し、デジタル・アセット市場を担当することになりました。

このニュースが報じられて、ゴールドマンサックスの「仮想通貨における法人用OTCトレーディングデスク」を実装するかどうかについての討論が再燃しています。

しかし、ゴールドマンサックスは「仮想通貨のトレーディングデスク」開設に関しては、現時点では否定しています。

Tearsheetは、ゴールドマンサックスの広報担当「Tiffany Galvin」氏の発言内容を引用しました。

「あらゆるデジタルプロダクトに対する顧客の関心に応えるべく、慎重に調査を進めているところだ。現時点では、デジタルアセットの提供範囲や規模などの結論には至っていない」

これらの噂は、昨年末にBloombergが報じた、ゴールドマンサックスが2018年6月までに「仮想通貨トレーディングデスク」を実装するというニュースをきっかけに広まり始めました。

この件について、ゴールドマンサックスCEO「Lloyd Blankfein」氏は、繰り返し否定してきましたが、その可能性については含みを持たせています。

ビジネスインサイダーの情報によれば、Schmidt氏が「会社内で(仮想通貨を含む)取引をすることはない。」としていますが、トレーディングデスクの調査は進めるとされています。

ゴールドマンサックスは、フィンテックスタートアップ「Circle」の優先株式持分を一部保有しているため、すでに仮想通貨トレーディングデスクを間接的に所有していることになります。

Circleは、月に20億ドル(約2100億円)以上の取引を処理する「OTCトレーディングデスク」を含む、さまざまな仮想通貨プロダクトを実装してきました。

CircleのCEO「Jeremy Allaire」氏によると、同社のトレーディングデスクは単体で1億ドル(約110億円)を超える取引を処理しており、最近「オーダーサイズの最小額を倍増させた。」と述べています。

また先週には、イギリス・ロンドンに拠点を置く大手投資銀行「バークレイズ」が、法人サービスに「仮想通貨トレーディングデスク」の追加を検討していることを認めています。

Goldman Sachs Hires Crypto Trader to Head Digital Assets Division [But Still Denies it’s Launching Trading Desk]

April 23, 2018 by Josiah Wilmoth

参考記事はこちらから

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加