仮想通貨取引所Huobiの「Huobi Eco Chain(Heco)」XRPとのクロスチェーン接続に成功

HECOがXRPと接続

取引所フォビ(Huobi)の独自ブロックチェーン「Huobi Eco Chain(Heco)」は、リップル(XRP)のクロスチェーンが接続されたことを発表した。クロスチェーンとは、規格・仕様の異なるブロックチェーン同士を跨ぐこと、及び接続する技術を指す。

フォビのグローバル取引所「Huobi Global」より、HECOチェーン上でXRP管理ができるようになるものと見られる。

XRPは将来的に、HECOネットワーク上で、DEX(分散型取引所)やレンディングサービス、流動性マイニングなど、さまざまなDeFi(分散型金融)サービスを利用可能になる可能性があるという。

HECOチェーンは、Huobiが主導する独自チェーンで、DeFiに主眼を置いて開発されており、ノード数制限による処理性能の高さなどを特徴に持つ。HECOチェーンの主要なサービスとしては、HECOチェーン基盤の分散型取引所「MDEX」などが知られている。

HECOチェーンはイーサリアムのフォークであり、イーサリアム・スマートコントラクトと互換性を持つ仮想通貨取引所バイナンスの独自チェーン「バイナンス・スマートチェーン(BSC)」とは比較的性質が近いとされる。

関連:なぜ、XRPに関心が集まるのか|今後の将来性と重要プロジェクト

著者:t.tenporin

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します