ビットコインの買い時は、仮想通貨の下落相場でみる「2つの指標」

ビットコイン市場

週末の仮想通貨市場は、前週から続く軟調な相場が継続。ビットコインは5万ドルを大きく割り込み、一時500万円目前まで下落。アルト市場にも売りが広がった。

コインベースの上場日(4月14日)を境に、材料なしに急騰したアルト市場の反落を含めピークアウトへと転じた仮想通貨市場。時価総額は、ビットコインが700万円台を付けた時の2.3兆ドル(248兆円)から1.8兆ドル(194兆円)まで、54兆円相当減少した。

週末の騰落率を仮想通貨取引所FTXの時価総額別インデックス参照すると、ビットコインが10%安であったのに対し、時価総額の低いSHITインデックスの減少幅は20%近くまで拡大。時価総額の低いアルトコインを中心に、バブルの様相から過熱感が高まっていた仮想通貨市場全体で資金が抜けたことが見て取れる。

買い場はいつ訪れるのか

一方で、海外マーケットで注目されたのが、ビットコインのボトム価格(買い時)だ。

市場分析などを手掛け、投資助言業を行うグローバル・マクロリサーチのRaoul Pal CEOは、相場全体のムードが盛り上がる「大相場」の終了ではなく、一時的な価格調整との見方を示した。

同氏は、日足と週足のRSIを参照。相場の売られすぎを示す日足RSIが30を超え、コロナ・ショックで金融市場に連れ安した2020年3月のビットコイン市場の水準に匹敵すると指摘した。

また、長期足の週足RSIでは、2017年バブルに向かう大相場までの価格調整に類似点があるとしている。

RSIは、相場の相対的な強弱(買われ過ぎか、売られ過ぎか)を表す指標で、0から100%の間で変動する。一般的に、相場の上昇局面では50%以上、下降局面では50%以下で推移。70%から80%以上で買われ過ぎ、30%から20%以下で売られ過ぎを示唆する。

週足レベルでは、2015年以降3度の30%水準が見られている(現在:50)。それぞれ相場の暴落時期の大底を示した。

また、CryptoquantのKi Young Ju(@ki_young_ju)CEOは、相場の底を見極めるポイントとして、仮想通貨取引所への資金流入推移をみるデータ「All Exchange Inflow Mean(MA7) 」を判断材料に挙げた。

1. 30%以上の急落

2. All Exchange Inflow Mean (MA7) 指標が2.5BTCを上抜け

3. インジケーターが再び落ち着きつつあるタイミングが買い時のサイン(チャートの緑帯を参照)

現在のデータは以下の通り(25日時点)。

過去3年間のオンチェーンデータ(下図)を参照すると、昨年3月にビットコイン市場を含む金融市場全体が大暴落したコロナ・ショック時のように全取引所の平均入金額が2.0BTC付近まで上昇した場合、クジラの強気行動を示唆する「買いシグナル」のひとつとなり得る。

一方、平均入金額0.5BTC未満の場合、個人投資家比率の増加とクジラの減少を示唆するという。

All Exchanges Inflow Mean(過去3年間のデータ)

詳細:ビットコイン大口投資家の動向とマーケットへの影響|CryptoQuant寄稿

CMEビットコイン先物のギャップ情報

週末の価格を織り込んだCME(米シカゴ・マーカンタイル取引所)のビットコイン先物は、3405ドルの「窓(ギャップ)」で取引を開始した。

※窓埋めされていないものはオレンジで表示

  • 終値:50845ドル(5,485,209円)
  • 始値:47440ドル(5,117,874円)
  • 窓(ギャップ):3405ドル

終値:50845ドル(5,485,209円)に対し、始値:47440ドル(5,117,874円)となった。前週に今年最大のギャップで取引を開始したビットコインマーケットは2週連続で窓が下3405ドル生じている。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します