スポーツブランド「Reebok」、スニーカーのNFTを販売

スニーカーのNFTを販売

スポーツブランドのリーボック(Reebok)が、NFT(非代替性トークン)の販売を開始した。

NFTはスニーカーの動画で、2種類発行されている。それぞれ発行数を100に限定し、現在オークション形式ではなく固定価格で販売。2種類のNFTを組み合わせたものも売られており、すでに二次市場で売買が行われている。

関連:非代替性トークンNFTとは|主な特徴と将来性を解説

リーボックのNFTは「AtomicHub」というプラットフォームで販売されており、支払いは暗号資産(仮想通貨)WAX(WAXP)で受け付けている。

公式ホームページによると、AtomicHubでは今まで1780万超のNFTを発行。過去の出来高を見ると、4月4日以降に需要が急拡大した。

出典:AtomicHub

リーボックの他にも、米メジャーリーグ(MLB)の選手やゴジラなど、様々な種類のNFTの売買が行われている。

関連Topps Digital、WAXチェーンでゴジラやキングギドラのNFTコレクション販売へ

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します