ナスダック上場のCoinbase、仮想通貨市場データ提供するskewを買収へ

暗号資産データ分析のskewを買収

暗号資産(仮想通貨)取引所のコインベース(Coinbase)はデータ分析プラットフォームskewを買収すると発表した。買収は来月にも完了する予定で、買収額については現時点明かされていない。

skewは2018年に設立され、暗号資産のスポット、デリバティブ取引に関する分析データの提供を100以上の機関に向け行ってきた。個人も利用可能で、2020年10月にはサービスの有料化に踏み切っている。

skewの買収によって、コインベースの顧客は暗号資産を取引・保管するだけでなく、新たに「暗号資産市場を分析する」ことが全てコインベース上で可能になるとしている。

なお、買収後も、skewは既存のユーザーに対して、引き続きサービスを提供していくとの方針を発表した。

機関投資家向けサービスの強化へ

今回のskewの買収は機関投資家向け市場への取り組み強化にあると、機関投資家向け製品担当バイスプレジデントのGregTusar氏はプレスリリースで説明した。

暗号資産投資を判断する機関にとって、高品質なデータへのアクセスは必要不可欠だ。この買収を通して、コインベースは拡大する機関投資家市場へサービスを提供するという私たちの取り組みを強化していきたい。

コインベースは現在、個人投資家向けの取引所や販売所機能のほか、OTCデスク(プライムブローカレッジ)やカストディなどを金融機関のニーズに応えて展開している。

プレスリリースによると、4月14日に米ナスダックへ上場したコインベースを利用する金融機関の数は、7,000社を超えている。

また、3月31日の時点で、機関投資家からの資産は1,220億ドル(約13兆3,000億円)を記録。これは、プラットフォーム全体の総資産の約54%を占めているという。

skewは買収後、コインベースの暗号資産プライムブローカレッジプラットフォームであるCoinbase Primeに統合され、プロのトレーダー向けにデータが提供されるとしている。

高まる暗号資産市場のデータへの需要

暗号資産市場の分析データを重視しているのはコインベースだけではない。独自の用語も多い暗号資産業界は、適切な情報の入手が新規参入者にとって障壁となりうる。

資産運用大手のフィデリティ・インベストメンツは4月29日、デジタル資産のデータ分析ツール「シャーロック」を発表。

こちらも機関投資家向けのサービスとなっており、デジタル資産市場における包括的な分析ツールだとしている。

関連:フィデリティ、機関投資家向けにデジタル資産分析サービスを提供へ

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します