渦中のトルコ仮想通貨取引所、2020年より不審な外部送金か

Thodexが外部へビットコイン送金

出口詐欺の疑いで捜査が行われているトルコの暗号資産(仮想通貨)取引所Thodexが、2020年より外部へ不審な送金を行っていたことが指摘されている。

イスラエル国防省とも契約を結ぶブロックチェーン分析企業ホワイトストリーム(Whitestream)によると、2020年8月から2021年2月の間に、合計5,000ビットコイン(BTC)がThodexのウォレットから、仮想通貨取引所Krakenに送られていたという。

また、送金量は、2020年10月から急激に減少していた。ホワイトストリームは一連の資金移動について「Thodexは外部へ資金持ち出しを行っていたようにみえる」とコメント。さらに、この送金額は今回の事件で影響を受けた顧客資産の額とも近いという。

当初この事件に関わる弁護士は、取引所には顧客資金が少なくとも20億ドル(約2200億円)あったと推定していたが、トルコのSüleyman Soylu内務大臣が後にこれを否定。現在までに逮捕された関係者への尋問と会計情報によると、預けられていた顧客資金は約1億800万ドル(約118億円)と見積もられるとした。

DecryptによるとホワイトストリームのCEO・共同創設者Itsik Levy氏も、これはThodexがKrakenに送金していたとみられる推定1億2,500万ドルとも近い数字だと認めている。Thodexが2020年より、顧客資金を着服してKrakenに送金していた疑いが浮上した格好だ。

Levy氏によると、Thodexによって管理される一連のビットコインウォレットから送信されたビットコインは、そこからまた別の一連のアドレスを経由した後に大多数がKrakenに着金していたという。

事件の経緯

Thodexは4月21日にサービスを突然停止、顧客は資金を引き出すことも自分のアカウントにアクセスすることもできなくなり、ソーシャルメディア上で詐欺の可能性があると指摘されていた。これを受けてトルコ当局が捜査を開始、Soylu内務大臣によると、これまでに事件に関連して約77人が逮捕されている。

また、アルバニアに逃亡したThodexのFaruk Fatih Özer CEOの国際指名手配が行われており、Soylu内務大臣は先週、アルバニアの内務大臣と話し合った。Soylu大臣は、両国の協議は継続しており、捜査チームがアルバニアとその近隣諸国に派遣されたと述べる。Özer CEOは現在「情報システム、銀行、または信用機関をツールとして利用した詐欺、犯罪組織設立」などの容疑で捜索中だ。

なお、CoinMarketCapによると、最後に取引が行われた日のThodexにおける24時間取引量は、5億3,800万ドル(約590億円)に達していた。

仮想通貨決済を禁じるトルコ

トルコではThodexに続いて、別の取引所Vebitcoinも財政状態の悪化を理由に操業停止を発表。警察は、lker Baş CEOと他3人の従業員を逮捕していた。

トルコは、仮想通貨を商品やサービスなどの決済に使うことを4月30日より禁止。一方で仮想通貨の保有などを全面的に禁止することはなく、取引所に資本要件を求めるなど規制を強化していく方針のようだ。

関連混乱続くトルコ、仮想通貨取引所の「健全な運営」目指し法整備か

著者:A.Yamada
参考:Twitter , Decrypt

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します