総合格闘技団体のUFC、独自の仮想通貨を6月にローンチへ Chilizと提携

UFCの独自仮想通貨を発表

総合格闘技団体のUFCはブロックチェーンプロバイダーのChilizと提携、UFCファントークンをローンチすると発表した。ファンはトークンを持つことで、UFCとより密接にかかわることができる。

Chilizはこれまで、ヨーロッパのプロサッカークラブのファントークン発行などを手掛けてきたことで知られ、次なる市場として5,000万ドル(約54億円)を投資し米国市場への進出を進めている。

UFCとChilizの提携は1年ほど前に行われ、また先日にはUFCが暗号資産(仮想通貨)の商標を提出したことが明らかになっていた。

関連:総合格闘技団体UFC、仮想通貨・NFT関連の商標を提出

トークンの保有でファン投票などに参加

トークンの保有者は、ファン投票や、VIP向け報酬、限定プロモーションなど様々な機能・特典を利用可能になる予定だ。

UFCファントークンの供給量は2,000万枚で、6月にSocios.com上でリリースされるという。

今回の発表にあたり、UFCのグローバルコンシューマープロダクトのシニアバイスプレジデント、Tracey Bleczinski氏は次のように語った。

UFCは6億2500万人以上のファンを世界中に抱えており、ファントークンはファンの皆様とのつながりを魅力的かつ確かなプロダクトで提供するユニークな方法になります。プロダクトはファンの方々がよりUFCと近づき、影響を与えつつ、彼らのスポーツに対する情熱に報いることができます。

ChilizとプラットフォームのSocios.comは、ヨーロッパのプロサッカーチームのファントークンなどを手掛けてきた。

Socios.comでは「Be more than a fan」を掲げており、ファントークンは単に特典が得られるだけではなく、投票券としての機能も備えている。つまり、ファンは投票を行い、サッカークラブ等の意思決定に影響を及ぼすことが可能だ。

UFCと同じ格闘技団体のProfessional Fighters League(PFL)とも提携しており、サッカー以外のスポーツへの進出を今後も積極的に進めていくものと見られる。

著者:t.tenporin
参考:Medium

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します