サムスンが第1四半期の営業益が過去最高を更新|ASICチップの大量生産が後押しか

サムスン・第1四半期の営業利益が過去最高益を更新
サムスンは26日、第1四半期の決算を発表し、営業利益は15.64兆ウォン(約1兆5800億円)を計上して過去最高益となりました。好調の背景には、同社がASICチップの生産事業を拡げた事も大きく影響しているでしょう。
熾烈な争いを繰り広げるASICチップ市場
サムスンはビットコインマイニング用のASICチップ市場においてTaiwan Semiconductorと開発競争を続けています。ある試算では、四半期ごとの売上高は3.5〜4.5億ドルにも上ると言われています。

サムスン・第1四半期の営業利益が過去最高益を更新

今年初旬、サムスンはビットコインマイニング用のASICチップの大量量産に向けて事業を拡げ、その事業展開が功を奏したようです。

ロイター通信によると、サムスンの2018年度・第1四半期の営業利益は15.64兆ウォン(約1兆5800億円)を計上し、過去最高益となりました。

15兆ウォンの利益の内、11兆5500億ウォンが半導体事業によるものであり、2017年第4四半期のチップ事業営業利益である10兆9000億ウォンを上回りました。

好調な決算の背景には、昨年より続いている、ビットコインマイニングに使われるチップの需要が増大した事が一因として挙げられ、半導体事業が不調なスマートフォン事業を大きくカバーする形となりました。

サムスンの半導体事業は収益が年々増加しており、サーバやグラフィックメモリーの需要増の他、仮想通貨マイニング用のチップへの需要が増えている事がその収益を大きく後押ししているようです。

とサムスン社のIR担当EVPであるRobert M. Yi氏が業績発表の場で述べています。

CoinPostの参考記事

サムスンが仮想通貨マイニング用のASICハードウェアの大量生産に踏み切る
韓国の大手電子企業であるサムスンが中国と提携し仮想通貨マイニング用のASICハードウェアの生産を開始し、TSMC台湾との提携によって大量生産を可能にする、というニュースが話題になっています。

熾烈な争いを繰り広げるASICチップ市場

サムスンのファウンドリ事業は、「10 nmオーダーのプロセッサーと仮想通貨用マイニングチップ」の拡大のおかげで、第2四半期に大きく数字を伸ばす事が予想されます。

サムスンは2018年後半の見通しを発表しており、部品事業に後押しされる形で、利益は2018年前半の実績を超えるだろうと予測しています。

Yi氏はサムスンの製品の中でも、DRAM(情報機器内で使用される半導体メモリ)の強い需要に注目しています。

また、サムスンはビットコインマイニング用のASICチップ市場においてTaiwan Semiconductorと開発競争を続けています。

Taiwan SemiconductorはBitmain、Canaan Creativeといったマイニング機器の製造業者へのサプライヤーであり、全チップ製造者の四半期における総売上高は3.5〜4.5億ドルにも上ると試算されています。

サムスンは熾烈な競争を繰り広げるこの市場セグメントにおいて、マイニングチップ製造による利益を公開する事なく、秘密裏に事業を進めていくでしょう。

Samsung Reveals Record-Breaking Quarter Amid Crypto Mining Demand

APRIL 26, 2018 23:45

参考記事はこちらから

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加