CoinPostで今最も読まれています

Binanceが英海外領土バミューダへ約16億円の投資協定を締結

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

Binanceグループがバミューダで1500万ドルの投資協定を締結
最大1000万ドル(約11億円)を現地の大学に投じ、ブロックチェーン技術開発とコンプライアンスの教育を実施するとともに、バミューダに拠点を置くブロックチェーン企業 へ最高500万ドル(約5億5000万円)の投資を決定しました。
Binanceグループのバミューダ、そしてアフリカのウガンダ、トーゴでの対談。
Binance CEO Zhao氏はブロックチェーン、仮想通貨の支援やサポートをアフリカの国々でも積極的に行なっています。

北大西洋に浮かぶ英国領の島、バミューダ諸島、首相兼財務大臣David Burt(以下Burt首相)は27日、世界最大の仮想通貨取引所であるBinanceグループと覚書(MOU)を締結しました。

BinanceグループがバミューダでMOUを締結

MOUではBinanceの創設者兼CEOであるChangpeng Zhao氏(以下CZ氏)が以下の内容でサインしました。

  • Binance Foundationがバミューダへ最大1000万ドル(約11億円)を現地の大学に投じ、ブロックチェーン技術開発とコンプライアンスの教育を実施
  • Binance Labsが、バミューダに拠点を置く新しいブロックチェーン企業に最高500万ドル(約5億5000万円)の投資

Burt首相も次のように述べています。

Binance グループは世界最大の仮想通貨取引所であり、仮想通貨マーケットそしてフィンテックの国際的リーダーです。

Binance Foundationを通じて、当グループは教育を改善し、ブロックチェーン技術を使用して開発の意識を高めています。

さらにはBinance Labsはさまざまな新規プロジェクトや将来の投資の革新を促進するインキュベーター(起業支援者)です。

また、自身のTwitterにて以下のように述べました。

BinanceCEO、@cpzhao そして、Co-Founderである@heyibinanceをバミューダに迎え入れました。我々は仮想通貨を含む世界のデジタル資産管轄の活動拠点の一つになるでしょう。

またCZ氏は以下のようにTwitterで返答しています。

大変名誉あることです。バミューダがブロックチェーン業界を歓迎していることに驚かされました。強きリーダーたちは世界に変革を生みだしています。

バミューダはブロックチェーンハブとなり得るのでしょうか?

今回のニュースは「バミュータはブロックチェーンイノベーションのハブとなり、仮想通貨の未来を受け入れ、フィンテックの起業家を引き付けたい」という明確なメッセージが世界へ送られてから2週間後の出来事でした。

バミューダでは5月よりICO、仮想通貨交換、ウォレット、バーチャル通貨サービスなどに関する議論が予定されているそうで、法律では詐欺やマネーロンダリング、価格操作などの問題に対処する案を考えていくとのことです。

また、バミューダはICO規制を行う最初の国になることを計画しており、ICOの法律に関しても注目がされます

さらに、バミューダは法人所得税がないということで、すでに国際ビジネスでとても魅力的なビジネス環境となっております。

首相であるBurt氏は政治家になる前はITコンサルティングを立ち上げているため、このようIT最先端技術を取り入れる姿勢は驚くべきことではないかもしれません。

Binanceのアジア撤退

Binanceがアジアから撤退し、欧州連合に属するマルタに移転すると決断した1ヶ月後、CZ氏はバミューダのみならずアフリカのウガンダ、そしてトーゴなどにも訪れ、ブロックチェーン、仮想通貨の促進に取り組んでいます。

BinanceとBitfinexが非実用的な政策を理由にアジア地域から完全撤退か
非実用的な政策を理由に、世界最大の仮想通貨取引所であるBinanceがアジアからマルタに移転することを決め、同様に最大級の仮想通貨取引所であるBitfinexもスイスへの移転を検討しています。アジア市場の衰退が懸念されています。

また、4月のBinance CEO のTwitterではアフリカ各国での商談の写真やコメントが多かったので一部抜粋して紹介させていただきます。

BinanceCZ氏ウガンダでの対談

4月26日に投稿されたツイートによると、CZ氏はウガンダ首相Yoweri K Museveni氏と対談を実施しました。

CZ氏を招き、ブロックチェーン技術について議論し、仮想通貨について学びました。この新しい技術は、アフリカでは大いに役立ち、経済を成長させることができるでしょう。

そしてCZ氏は以下のようにコメントを返しました。

ブロックチェーンを活用して貧困社会を少しでも回復させ、雇用を増やし、よりよい経済を一緒に作り出しましょう。

また対談の様子はウガンダのTVでも特集されたそうです。

トーゴ国首相Faure Gnassingbé氏との対談

アフリカが若者のために第4回産業革命を受け入れるための新たな旅に来ています。このプロジェクトの目的は、何千もの雇用を創出し、何十億もの投資をトーゴにもたらすことです。

トーゴ首相との写真もアップロードされています。

日本から撤退したBinanceですが、世界でのブロックチェーン、仮想通貨を促進する活動を行っており、特に小国などの政府との繋がりを大きくしております。

また、先日BinanceChainと呼ばれる非中央集権的な取引所を設立したことからも、Binanceは中央集権取引所ビジネスだけに留まることなく、今後も活動範囲を大きく広げていくことが予想されます。

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
05:50
ハリス米副大統領、「ビットコイン2024」に登壇しないことに
ハリス米副大統領は、25〜27日に米ナッシュビルで開催予定の大型カンファレンス「ビットコイン2024」に登壇しない結果となった。
07/24 水曜日
19:00
バイナンス、政治系ミームコイン「PEOPLE」などマージントレードに追加
バイナンスは、新たに9つの銘柄のレバレッジ取引市場を開始。PEOPLEという政治系ミームコインも含まれる。クロスマージンと分離マージンに対応し、資金効率とリスク管理を両立。
18:00
マウントゴックス、24日昼にも巨額ビットコインを送金
マウントゴックスが24日13時に巨額の暗号資産(仮想通貨)ビットコインを送金。債権者への弁済の一環とみられ、クラーケンとビットスタンプでの手続きが進行中。
13:55
トヨタ・ブロックチェーン・ラボ、スマートアカウント導入で車の使用権トークン化を検討
トヨタ・ブロックチェーン・ラボは、モビリティ(移動手段としての乗り物)をイーサリアム・ブロックチェーン上のスマートアカウントとして設計する構想を発表した。
11:30
日本デジタルアセットマーケッツ、アバランチと提携 RWAトークン発行・流通を推進へ
株式会社デジタルアセットマーケッツは、仮想通貨アバランチのAva Labsと合意書を締結。RWAトークン事業などで提携していく。
11:00
ETHの強気要因、元ウォール街トレーダー分析
イーサリアムが強気相場入りしたと判断する3つの理由を仮想通貨関連企業幹部が指摘。現物ETFのローンチなどを挙げ、2024年後半は明確な強気相場だと主張した。
09:20
ハリス氏陣営、マーク・キューバン氏に仮想通貨について問い合わせ
著名投資家マーク・キューバン氏は、カマラ・ハリス氏陣営から仮想通貨について質問を受けており、このことは良い兆候だと述べた。
08:30
各社のイーサリアム現物ETFのETH保有量明らかに
最も保有量の多いのは、グレースケールのETHEで、2,959,307 ETH(1.6兆円)の運用額だ。ETHEはこれまで運用されてきたイーサリアム投資信託から転換されたもので、23日にイーサリアムのミニ版ETFも同時にローンチした。
07:45
イーサリアム現物ETF、初日出来高1550億円超
23日に取引が開始された仮想通貨イーサリアムの現物ETFの合計出来高は1550億円超に。取引開始に米議員や仮想通貨業界が反応している。
07:15
「ビットコイン2024」のオーガナイザー、ハリス米副大統領の講演について交渉中
ハリス氏はすでに指名獲得に必要な過半数の代議員から支持を得ているが、仮想通貨へのスタンスは未だ表明していない。
06:50
ソラナ初のプライベート・クレジット・ファンド、米大手投資会社ハミルトン・レーンが立ち上げ
運用・監督資産143兆円超の米ハミルトン・レーンは23日、ソラナブロックチェーン上のプライベート・クレジット・ファンド「SCOPE」の立ち上げを発表した。
06:15
トランプ氏、ビットコイン否定派JPモルガンのダイモンCEOの財務長官指名を否定
トランプ氏は24日に、ビットコインに懐疑的なJPモルガンのジェイミー・ダイモンCEOや、ブラックロックのフィンクCEOの財務大臣指名の噂を否定した。
06:00
クラーケン、ビットコインをマウントゴックス債権者に返済開始 売圧警戒も
多くのビットコインが同時に売却される可能性が警戒され、仮想通貨BTCは23日深夜66,000ドル台を下回った。
07/23 火曜日
18:00
AILayerとは|AIとWeb3を融合するAI駆動のビットコインLayer 2ソリューション
AIとブロックチェーン技術を統合させた、ビットコインLayer 2ソリューション「AILayer」について、特徴やメリットなどを詳しく解説します。
17:40
ブラックロックのビットコインETF、ナスダックETF上回る年初来資金流入額4位に
ブラックロックのビットコイン現物ETF「iシェアーズ・ビットコイン・トラスト」は、ナスダックQQQを超える資金流入を記録。フィデリティも上位にランクイン。イーサリアムETFの発売も迫る中、投資家の関心が高まる。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア