米上場企業Globant、第1四半期に5000万円相当のビットコイン購入

Globant、ビットコイン購入

大手IT企業Globantは、1Q(第1四半期)に暗号資産(仮想通貨)ビットコイン(BTC)を購入したことをSECへの書類で明らかにした。

Globantは、欧州ルクセンブルクに本社を置き、ニューヨーク証券取引所にも上場する大手IT企業だ。米国やラテンアメリカ、欧州などでソフトウェアなどの関連サービスを提供している。

25日にSECへ提出された書類によると、2021年1月〜3月に、「暗号資産(ビットコイン)を、50万ドル分購入した」ことを明記。一方、平均取得価格や利用した取引所などの詳細については明かされていない。

増加する企業の仮想通貨保有

今年は、米マイクロストラテジーを筆頭に、テスラやスクエア、香港上場企業のMeitu、東証1部上場企業のネクソンなどがビットコインの保有企業となった。一方、ビットコインのエネルギー消費問題や相場暴落などを念頭に、企業が保有するBTCを手放すリスクについて市場の懸念材料となっている。

企業のBTC保有残高をトラッキングするBitcoin Treasuryによれば、現在最もビットコインを保有しているのは、米マイクロストラテジーで92,079BTC。2位がテスラ社の43,200BTC、3位スクエア社の8,027BTCと米国の大手企業が上位に名を連ねる。

関連:ビットコイン関連サービスに続々参入、注目の「機関投資家」動向まとめ

著者:菊谷ルイス
参考:SEC書類

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します