ブロックチェーンコンテンツ協会、国内最大のNFTカンファレンス「Non Fungible Tokyo」開催へ

国内で最大規模のNFTカンファレンス

一般社団法人ブロックチェーンコンテンツ協会は28日、国内最大規模となるNFT(非代替性トークン)カンファレンス「Non Fungible Tokyo」の公式HPをオープンし、一般受付を開始したことを発表した。当初は5月28日に開催予定であったが、開催日が6月10日、11日に変更された。

名立たる企業が登壇

同カンファレンスは2018年に初めて開催された「東京ブロックチェーンカンファレンス」以来、シリーズ4回目の開催となるが、公式サイトで開催の経緯について次のように説明している。

オークションなどにおけるNFTアートの高額な取引が注目されているが、NFTは完成した作品に付加価値を与えるだけでなく、制作の背景や歴史、ファンとアーティストのつながりにも付加価値を与える技術であり、新たな挑戦のプロセスである。

日本は世界中の人々に愛される多くの優れたクリエイターやコンテンツを生み出してきたが、NFTを通じて、世界水準のの作品やクリエイターが世界に羽ばたくのをどのように支援し、業界としてどのように健全にでそれらを育てることができるだろうか。

我々は、単なるブームに留まらないNFTの未来について議論する場をできるだけ早く提供するために、通常より少し早くNon Fungible Tokyoを特別版として開催することにした。

前回のカンファレンスの参加者は500人に及び、今回もブロックチェーン技術を用いたアプリケーション開発を行うdouble jump.tokyoの上野CEO、幻冬舎が手掛ける暗号資産(仮想通貨)メディア「あたらしい経済」設楽編集長や、コインチェックの天羽氏など数十の企業の代表者やクリエイターが登壇予定(登壇者一覧はこちら)。同カンファレンスは国内で最大規模となる見込みだ。

スケジュールとしては、初日は「新進気鋭のNFTアーティストによるトークセッション 」「日本発クリプトアート事業主対談」「NFTが変えるコンテンツ・アートビジネス」などのテーマで国内プロジェクトについて話し合われる。

2日目は「NFT業界2021大予想」「NFT経済圏大爆発の舞台裏」「世界的人気dApps(分散型アプリケーション)ディベロッパーに聞くdappsゲーム市場2021大予想」などのテーマで海外プロジェクトについて議論される予定となっている(スケジュール一覧はこちら)。

参加登録者のなかから先着500人に、特別特典としてブロックチェーンゲーム『My Crypto Saga』のNFTを配布するとしていたがすぐに完売。急遽、追加分の特典を用意した。

概要

日時:2021年6月10日(木)~11日(金)11:40~19:30 ※11日はオンライン開催のみ

場所:Tunnel Tokyo(東京都品川区)※オンライン専用VR会場も試験的に設置予定

主催:一般社団法人ブロックチェーンコンテンツ協会

公式ウェブサイト:https://nonfungible.tokyo/

登録サイト:https://peatix.com/event/1908884

関連:非代替性トークンNFTとは|主な特徴と将来性を解説

著者:T.Kobayashi
参考:Non Fungible Tokyo , PRTIMES

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します