約1000億円を運用する仮想通貨ステーキング企業、シンガポール上場企業が買収へ

大手ステーキング企業Moonstakeを買収

シンガポール証券取引所に上場するブロックチェーン・エンジニアリング企業OIO Holdings(以下、OIO)が、暗号資産(仮想通貨)ステーキング企業Moonstakeの買収を発表した。今後、OIOはブロックチェーン金融サービスを拡大していく意向だという。

Moonstakeは2020年にアジア最大のステーキングプールを構築するために設立され、ケイマン諸島とシンガポールに本拠を置いている。現在、カルダノ(ADA)、ポルカドット(DOT)、テゾス(XTZ)、オントロジー(ONT)、アイオーエストークン(IOST)など、国内上場銘柄を含めた様々な仮想通貨のステーキングを提供中だ。

OIOの公式発表によると、Moonstakeのステーキング資産は2021年5月31日時点で9億ドル(約985億円)を超え、急速に成長中。現在アジア地域で2位のステーキング事業者だという。

OIOは新規株式発行により、Moonstakeを100%取得した。今後OIOは、Moonstakeがユーザーのステークされた資産に対して請求している約0.3%~0.5%の手数料を得ることができるようになる。

OIOのブロックチェーン事業子会社OIO Singapore Pte LtdのCEO、Rudy Lim氏は「仮想通貨投資家はステーキングを含めた様々な投資機会を提供する単一のプラットフォームを切望している」として次のように続けた。

手数料ベースのモデルは、当社の現在のブロックチェーン事業に加えて、収益見通しのよい部門を提供してくれる。今後、OIOは、ブロックチェーン分野での経験とネットワークを活用して、Moonstakeのユーザー数とステーキング資産を増やし、ユーザーが単一のプラットフォームを介してアクセスできるサービスを増やしていくことで、当社グループの経常的な収益につなげていきたい。

PoSトークンの魅力

またLim氏はステーキングの人気は、マイニングによるPoW(プルーフ・オブ・ワーク)からPoS(プルーフ・オブ・ステーク)へと移行する仮想通貨があることで高まっているともコメント。PoSの魅力について次のように説明した。

PoSは、ステーキングの過程で新しいブロックを生成して検証するため、専用のマイニングハードウェアに頼らずに新しいブロックを生成することが可能だ。

PoSはPoWと比較してエネルギー効率が高く、消費電力や演算コストなどの問題を改善することが期待されている。

また、コインをロックして(預けて)いる仮想通貨保有者は、ステーキングに参加することで一定の報酬を得ることができる。今回の買収により、OIOは新たなビジネスモデルにステーキングを加え、ブロックチェーン事業の拡大に向けて大きな一歩を踏み出した。

OIOとMoonstakeは、1月よりMoonstakeの取得に向けた交渉を開始していた。

出典:OIO Holdings

上図は、2020年から2021年にかけてMoonstakeのプール上でステーキングされた仮想通貨の米ドル相当総額である。

Moonstakeは多数銘柄の仮想通貨を取り扱うステーキング機能付きウォレットを開発し、急速にユーザーを獲得してきた。2020年8月のサービス開始から、わずか2ヶ月でステーキング総額が50億円に到達。前述の通り、現在のステーキング資産は900億円を超えている。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します