ビットコインなど、自動で資産運用──SEC認可の仮想通貨ロボアドバイザーが誕生

仮想通貨のロボアドバイザーをローンチ

米証券取引委員会(SEC)に認可された暗号資産(仮想通貨)のロボアドバイザー「Makara」が、正式にローンチされたことが分かった。

ロボアドバイザーとは、金融商品の発注など資産運用を自動で行ってくれるサービス。Makaraは仮想通貨投資のハードルを下げ、誰でも市場に参入しやすい環境を提供することを目的にしている。現在は18歳以上の米国民を対象にサービスを開始しており、モバイルアプリもローンチした。

Makaraは、仮想通貨投資企業Strix Leviathanの創設メンバーが別企業を立ち上げて開発。すでにベータ版を利用しているユーザーがおり、現在の資産運用額は数百万ドル(数億円相当)に上る。登録を待っていた人は2万人を超えていたという。

Makaraの開発企業を創設したJesse Proudman最高経営責任者(CEO)は、「個人が仮想通貨市場にアクセスする難しさを、Makaraは解消することができると信じている」とコメント。「利用を希望する人の数を見て、我々の開発は間違っていなかったと自信を持っている」と述べた。

Makaraのユーザーは、以下の6種類から投資方法を選択できる。

  • Bitcoin Basket:ビットコイン(BTC)のみに投資
  • Ethereum Basket:イーサリアム(ETH)のみに投資
  • Decentralized Finance Basket:DeFi銘柄に均等配分
  • Inflation Hedge Basket:ビットコインとトークン化されたゴールドに投資
  • Universe:リスクに応じてMakaraの取扱銘柄に配分
  • Blue Chip Basket:時価総額の大きな銘柄に配分

また投資サービスに加え、初心者や仮想通貨に対する理解を深めたい人を対象に、学習ツールも提供するという。アプリはiOS版を先にローンチしており、数週間後にAndroid版をリリースする予定だ。

既存サービスの課題

Proudman氏は、従来のロボアドバイザーの多くは、上場投資信託(ETF)に投資するものだと主張。「米国では仮想通貨のETFがまだ認可されていないために仮想通貨投資家は利用できず、しかも市場が開いている時間しか投資ができない」と既存サービスの問題点を指摘した。

Makaraは仮想通貨市場に24時間アクセスでき、365日投資が可能。仮想通貨の売買・保管の技術は、米大手仮想通貨取引所Geminiが提供するという。

著者:K.Kobayashi
参考:Makara

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します