電気自動車で仮想通貨マイニング可能になる近未来、カナダのメーカーが世界初の機能実装へ

電気自動車でマイニング

カナダの軽量電気自動車(LEV)メーカー、デイマック(Daymak)は6月1日、2023年発売予定のLEV「Spiritus」に、暗号資産(仮想通貨)インフラ「Daymak Nebula」が搭載され、駐車時に様々な仮想通貨のマイニングが可能になると発表した。

「Daymak Spiritusは、駐車中にドージコインからビットコインまで、仮想通貨をマイニングする世界初の電気自動車となる」──Daymak

また、同社はSpiritusの先行予約にあたり、ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)、カルダノ(ADA)、ドージコイン(DOGE)を含む複数の仮想通貨で支払いを受け付ける。

一方、いち早くビットコイン決済の受け入れで注目されたEVメーカーのテスラは先月、決済停止を表明した経緯がある。

関連:ビットコイン急落 テスラ社のBTC決済中止受け

ブロックチェーンノードとなるLEV

Daymakは、現在特許出願中の「Daymak Nebula」技術をユーザーインターフェース(UI)に統合することで、「Spiritus全車がブロックチェーンのノードとなる」とアピールしている。

Daymak Nebulaプラットフォームは、NebulaマイナーとNebulaウォレットという二つの要素で構成される。

  • Nebulaマイナー:GPU標準装備により、駐車中(同社開発のワイヤレス充電パッド上、プラグインや太陽光充電時)にマイニングが可能
  • Nebulaウォレット:マイニング収益の回収、保管に加え、送受金や取引、さらにステーキングなどへの対応も可能なソリューション

ブロックチェーン革命の中で

Daymakは、2002年にカナダのトロントで創業されたLEVのパイオニア。同社の電動モビリティ「DAYMAK AVVENIRE」シリーズには、LEVのSpritusだけではなく、電動アシスト自転車や電動スクーター、究極には「空を飛ぶ電気自動車」(2025年発売予定)までラインアップされ、2022年から生産予定となっている。

現在プロトタイプが完成しているSpritusのデザインはユニークで、フロント二輪、リア一輪の二人乗りの三輪仕様だ。廉価版の「Deluxe」は200万円台から、世界最速を目指す上位モデルの「Ultimate」は1,600万円台から購入可能となる。

出典:Daymak

同社の創業者で社長のAldo Baiocchi氏は、仮想通貨の未来に対し、非常に肯定的な見方をしているようだ。

「現在の仮想通貨の流れは、Spritusが発売される2023年には、ブロックチェーン革命の真っ只中にいることを明示している」、と主張する。「誰もが仮想通貨で支払いをする未来」を想定して、自動車の開発を行っているとBaiocchi氏は述べ、「Daymak Spiritusは車以上のものだ」と付け加えた。

具体的には、高速料金や駐車料金、またドライブスルーでの注文など、その場で仮想通貨で直接決済する未来図を描いているようだ。同じプラットフォームで請求書の支払いや銀行取引も仮想通貨を介して可能となり、「無限のユースケース」が考えられるとしている。

さらに、仮想通貨統合の一環として、様々な取引所と協力して、車両のリース料金支払いも仮想通貨で行えるよう取り組んでいるとBaiocchi氏は述べた。

先行予約状況

Daymak社は5月11日時点で、AVVENIREシリーズに2億5000万ドル(約274億円)相当の先行予約が入っていると発表。3月に予約キャンペーンを開始後、Spiritusは30日で予約目標台数の4,000台に達成したという。

予約状況は同社のサイトからリアルイムで見ることが可能。現在、Deluxeに3,984台、Ultimateに363台の先行予約が入っており、合計4,347台となっている。

著者:幸田直子
参考:Daymak Avvenire , Meitec Fabcross

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します