Symbol基盤のNFTプラットフォーム「NEMBER ART」、メインネット版をローンチ

Symbol基盤のNFTプラットフォーム

暗号資産(仮想通貨)ネム(XEM)の新ブロックチェーンSymbolを活用して、NFT(非代替性トークン)の売買を行うことができる分散型プラットフォーム「NEMBER ART」の、メインネット版がローンチされた。

NEMBER ARTのテストネット版が稼働を開始したことが分かったのは今年4月。ネムのコミュニティはアートに対する関心が高いとされ、Symbolのローンチ後は、ネムグループのDave Hodgson氏も、NFTのプロジェクトについて多くの質問を受けたという。今回のメインネット版のローンチ直後から、日本のコミュニティからも早速、出品が行われている。

NFTとは

NFTとは、「Non-Fungible Token」の略称で、代替不可能で固有の価値を持つデジタルトークンのこと。アートやスポーツ業界などで今春人気が高まっていた。

▶️仮想通貨用語集

関連仮想通貨ネムの新チェーンSymbol、サッカー選手のNFT発行へ

メインネット版のローンチは、ブロックチェーン企業Peersyst Technologyが発表。以前から他言語に対応させると説明していた通り、プラットフォームは日本語でも表示が可能だ。メインネット版のローンチ時には、全ての種類のモバイル機器に対応させている。

関連ネム大型アップデートSymbolでもNFT 「NEMBER ART」誕生へ

また、利用するには、まずはNEMBER ARTのプラットフォームで、メールアドレスなどを入力し、パスワードを設定して、アカウントを作成。その後は指示に従い、アカウントの認証手続きを進める流れとなる。利用には、Symbolのネイティブ通貨XYMが必要だ。

Peersyst Technologyは、プラットフォームはまだ誕生したばかりのため、今後も発展させていくと説明。これからコミュニティからもフィードバックを受けながら、開発を続けていくとした。

落札の仕組み

ネム・Symbol有識者のトレスト氏(@TrendStream)も、NEMBER ARTにNFTを出品。実際に利用し、分かったことをツイッターで共有している。

例えば落札の仕組みには、アグリゲートトランザクションが利用されていると説明。アグリゲートトランザクションとは、Symbolに実装されている、複数のトランザクションをまとめて処理する機能だ。

関連:仮想通貨Symbol(シンボル)とは|初心者でもわかる重要ポイントと将来性

トレスト氏は、以下の流れで落札が行われるとした。

  1. 入札者が、トランザクションとして希望額を送信。
  2. 出品者が納得した相手のトランザクションに署名。
  3. NFTモザイクの落札者への送信と、出品者への入札額送金を同時に実行。

そして「出品者は、納得できる額の入札がくるまで署名をしなければ、売買は成立しない」と述べている。

著者:K.Kobayashi

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します