Valkyrie社のビットコインETF、判断延期 米SEC

4つ目のビットコインETF延期判断に

米SEC(証券取引委員会)は、Valkyrie社が申請した暗号資産(仮想通貨)ビットコイン(BTC)の上場投資信託(ETF)に対して、可否判断を8月10日に延期するとした。当初設けられた判断の期限が6月26日前後で、SECは22日に延期の判断に関する書類を掲載した。

SECは通常、判断の期間を最大で受理日から240日間延ばすことができるため、Valkyrieに関しては、2022年1月7日前後までに最終判断を下すことが可能だ。

SECがこれまでVanEck、WisdomTree、Kryptoinの3つのビットコインETFの申請に対して延期プロセスを実施した経緯がある。先週、VanEckのビットコインETFに対して再び判断の延期(2度目)を発表したばかりだ。一方、延期は申請に対する非承認を意味するわけではなく、あくまでSECが利用する審査プロセスの一環となっている。

関連ビットコインETF審査 米SECが民意の重要性を強調

現在SECはSkyBridgeやフィデリティ、Galaxy Digitalを含む合計8つのビットコインETFの申請を審査中。また、イーサリアム(ETH)ETFの申請事例も見られている。

ビットコインETFで最も最終可否判断が近いのはVaneck社で11月10日前後となる。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します