仮想通貨のVisaカード、1,000億円以上の利用を記録 2021年前期

10億ドル以上の仮想通貨取引

米決済大手Visaは、暗号資産(仮想通貨)に結び付けられたVisaカードで、2021年の前半に10億ドル(約1,100億円)以上の取引が記録されたと発表した。

Visaは現在、コインベース、バイナンス、Crypto.comなどを始めとする50の仮想通貨プラットフォームと提携しており、こうした企業の発行するVisaカードを使って、世界中の7,000万の加盟店で仮想通貨決済によるショッピングを行うことが可能だ。

また、BlockFiやFoldなどのVisaカードでは、ビットコイン(BTC)の利用で一定額のキャッシュバック(還元)がされる仕組みも備えている。

関連ビットコインが還元されるVisaカード、BlockFiが発行

Visaはフィンテック企業などが、Visaのインフラを活かした迅速な事業立ち上げを行えるようにする「ファストトラックプログラム」を設けている。これに参加している企業の4分の1は、仮想通貨プラットフォームと結び付けられたVisaカードの発行に取り組んでいるという。

Visaの最高財務責任者(CFO)Vasant Prabhu氏は、米メディアCNBCに次のように語った。

私たちは、仮想通貨をもっと便利に、他の通貨と同じように使えるような環境を構築するために努力している。

ボラティリティ(価格変動)などに関しては多くの問題があるが、それも含めて手元の資産を管理していくことは、仮想通貨の持ち主にまかせられている。

なおPrabhu氏によると、現在Visaが財務資産としてビットコインなどの仮想通貨を保有する計画はないという。

ステーブルコインに注目するVisa

公式発表でVisaは、将来的にステーブルコインが金融サービスの変革において重要な役割を果たすと予測し、その発展を後押ししていきたいとも述べた。

Visaは、現在「1,000億ドル(約11兆円)のステーブルコインが流通」しており、「デジタル法定通貨」の約束を果たし始めていると説明している。一例としては、仮想通貨取引所FTXが、遠隔で働く従業員の50%にUSDコイン(USDC)で報酬を支払っていることにも言及した。

ステーブルコイン

法定通貨の米ドルなどに価値を裏付けられた、安定性の高い仮想通貨のこと。主に、法定通貨で価値を担保するタイプと、供給量を調整することで価値を担保するタイプの2種類がある。その性質上、決済で利用されやすい。

▶️仮想通貨用語集

FTXが新たにVisaのプログラムに参加

FTXが新たにVisaの「ファストトラックプログラム」に参加することも、今回発表されている。FTXは消費者や企業がより実用的に仮想通貨で支払いを行えるようにすることに焦点を当てるという。FTXのCEO、Sam Bankman-Fried氏は、Visaカードを使ってFTX.comへの入出金ができるとツイートした。

また、FTX.USからの出金は、SwipeのVisaカードが利用できるという。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します