リップル社がxRapidの試験的運用の成功を発表|最大70%のコストカットを実現か

海外送金を成功
xRapidを利用してのアメリカ・メキシコ間の送金テストが成功したことをリップル社が発表しました。従来の方法に比べ最大70%のコスト削減に繋がり、xRapidのますますの実用化に期待が寄せられています。
xRapidとは
xRapidとはリップル社が公表する4つのプロダクトの一つです。(他3つは「ripplenet」、「xCurrent」、「xVia」)送金業者や金融機関などがXRPを使用して流動性を高めるためのコストの削減を助けるツールです。

リップル社は今回のxRapidの試験的運用の結果を発表しました。

リップルはxRapidサービスの試験的運用が成功したことを発表しました。

今回はメキシコからアメリカへの送金テストでした。

このサービスで銀行を仲介するよりも最大70%コストを削減できるとリップル社は述べています。

またプレスリリースによると、金融機関はこのサービスを利用することで、従来の方法を用いるよりも40から70%送金コストを削減できるそうです。

また、従来の方法では国境をまたいでの送金は平均で2、3日かかるところを、xRapidはほんの数分で行うことができると言われています。

XRP Ledgerを用いての送金には2から3秒しかかからないものもありますが、それに加え、「デジタルアセットの交換の仲介や地域ごとの支払い作業」に時間がかかります。

アメリカ・メキシコ間の送金は頻繁に行われ送金を行うシステムに需要があります。

今までは、送金する側はメキシコで事前にノストロ口座を開設し、銀行のシステムを通す必要がありました。

なので、何十億ドルものお金がノストロ口座に眠っている状態で、この莫大なお金を処理できるほどの容量を持つ銀行はほとんどありません。

つまりはこの分野にdxRapidが介入する余地はいくらでもあるのです。

xRapidは第三者機関の送金を手助けするツールです。

選ばれた第三者機関に送金され、その機関は通貨からXRPに変換しそれを海外に送金し、送金先の国の通貨にまた変換し最終的に口座に送られます。

リップルのプロダクトのSVP(シニア・バイス・プレジデント)Sheesh Birla氏は次のように述べています。

「xRapidの良い結果が私にとって励みになります。

なぜなら、私たちの業界の多くの人は、ある程度のデジタルアセットには実用性があるということをすでに知っていましたが、今回の結果はこれを確実なものにしてくれるからです。

XRPの実用性はその速さとスケーラビリティ(幅広い規模に対応できることの意)にあります。

そしてこの機能は海外送金にはとてもも適しているのです。

XRO Ledgerは毎秒1500ものトランザクションを送ることができます。」

Viamericasの共同創設者兼CEOのPaul Dwyer氏も今回の結果にとても喜んでいます。

同氏は、xRapidは流動性費用を抑え、将来的にはXRPなどのデジタルアセットが海外送金において重要な役割を担うことになると考えており、XRPの次のステップの研究を期待しています。

CoinPostの参考記事

リップル社プロダクト(RippleNet、xCurrent、xRapid、xVia)の違いと採用企業まとめ
リップル社のプロダクト(RippleNet、xCurrent、xRapid、xVia)と採用企業をまとめました。Rippleのプロダクトのうち、XRPが利用されるのはxRapidです。提携企業がどのプロダクトを採用するかに注意が必要です。

Ripple Announces Successful US-Mexico Transfers Using xRapid

MAY 10, 2018, Simon Golstein

参考記事はこちらから

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加