CoinPostで今最も読まれています

これからビットコインキャッシュは大富豪を生むのか?

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

確かなことは、ビットコインキャッシュはみんなのものであるということだ。支持している人にとってはBCH(=ビットコインキャッシュの通貨コード)自体が正式なビットコインであるし、人によってはビットコインの名前を使ったアルトコインの一つにすぎないだろう。

しかし、これは大富豪になる特別なチャンスと捉える人もいる。誰が正しいかは時が経てばわかることだが、これからの数週間で仮想通貨にとっての面白い転換期であり面白いことが起きることは間違い無いだろう。

ビットコイン保持者は今日(2017/08/02)ビットコインキャッシュのトークンを受け取ることになるが、そのトークンは1対1の比率で発行され、ウォレットはそれぞれのトークンに対応することになるだろう。

いくつかの取引は自動的に口座に反映することを発表しているため、結果として両方のビットコインを保有できることになる。

これはまさに保有してるビットコインの資産を拡大させる絶好のチャンスであり、予想外の好展開である。

ビットコインキャッシュ富豪は今週生まれるかもしれない

これから数日の間積極的にビットコインをビットコインキャッシュに変える人たちがでてくるだろう。

これに関しては正しい行動なのかわからない上に、どの程度の人が支持するかもわかりません。これからの数日ではとても安く手に入るトークンがあると思いますが、ただそれを買えばいいというわけではなく、ビットコインキャッシュに前向きな将来を思い描いている方は、より考え調べることが重要になる。

ビットコインキャッシュがどうなるか誰にも想像がつかない状況ですが、共に競い合う関係にあるビットコインブロックチェーンにはとても面白い進展が生じると思います。両者共に低料金の手数料、スケラビリティの低下または分散型の開発で提供することを目標としており、両方のブロックチェーンは共に成功する可能性はありますが、それぞれは同じ水準での成功ということにはならないだろう。

BCHはマイニングによってより大きいブロックチェーンとして認識されない限りいつまでもアルトコインという認識のままになる可能性はあります。現時点ではそれはとても見込みがないことであるとも言える。

同時にBCHは他のアルトコインを押し上げ環境を変えるものになる可能性もある。

次週、仮想通貨のランキングトップ10は全く違うものに変わるかもしれませんし、ビットコインとBCHの両方の通貨が同じランキングの上位にある光景も想像することができる。

これからBCHの影響から相場は荒れるだろう。

大富豪を生む余地は十分にあるといえますが、結果がどうなるかはまだ誰にもわかない。これから数日の相場の動きに注目が集まりそうだ。

Can Bitcoin Cash Create new Millionaires Starting Today

08/02/17 JP Buntinx Published on August 1, 2017 at 3:15 BST

原文はこちらから
コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/01 水曜日
15:30
イーサリアム、1月に供給量が純減
1月にかけて仮想通貨イーサリアムの供給量が10,466 ETH(20億円)の純減となった。ネットワーク利用の増加に基づいてETHのバーン数が増加し、ステーキング報酬による新規発行量を上回っている状況だ。
14:50
Immutable、Web3ゲーム用ウォレットツールを発表
イーサリアムでweb3ゲームを構築・拡張するためのプラットフォームImmutableXは、一般ゲーマーにとっての参入障壁を取り除くための総合ソリューション「Immutable Passport」を発表した。
14:00
独DekaBank、機関投資家向けに仮想通貨関連サービス提供へ
仮想通貨カストディ企業METACOは、ドイツの大手証券サービスプロバイダーDekaBankと提携し、機関投資家向けにデジタル資産のカストディ・管理業務を提供していくと発表した。
12:30
Uniswap、トークンブリッジ「Wormhole」をサポートへ
分散型取引所UniswapをBNBチェーンで展開する計画で、Wormholeのトークンブリッジを採用する方針が明らかになった。他DEXによるコピーを防ぐライセンスが期限を迎える前に多チェーン展開を目指す。
12:00
香港当局、仮想通貨とステーブルコインの規制方針決定
香港金融管理局は、仮想通貨とステーブルコイン規制に関する方針を発表した。昨年の関連協議書には、バイナンスやリップル社、アニモカブランズなども意見を寄せていた。
11:00
米ウォール街の金融大手、仮想通貨事業を拡大へ
米ウォール街の大手金融企業は、テラ騒動やFTX破綻などの影響で仮想通貨市場が低迷する中、デジタル資産事業を推進。各企業の事業を紹介する。
10:17
博報堂キースリー、トヨタ協賛のweb3ハッカソンを開催へ
博報堂キースリーは、web3グローバルハッカソン第一弾の開催計画を発表した。トヨタ自動車株式会社とのタイアップ企画であり、「企業内プロジェクト向けDAO支援ツールの開発」をテーマとする。
09:00
第4回「GM Radio」、ゲストはDeFi Kingdoms創設者ら
グローバル版CoinPostが主催するGM Radioの4回目の放送は、2月3日(金)の12:30からツイッタースペースで配信予定。今回のゲストにはLayerZeroとDeFi Kingdomsの幹部を招待する。
08:10
イーサリアム、公開テストネットをローンチへ
仮想通貨イーサリアムは日本時間2日の0時、ステーキング出金機能を備えた公開テストネットZhejiangをローンチする。今回は、テストネットの他のアップグレードも公表された。
08:00
NYダウや仮想通貨関連株反発 雇用指標の伸び鈍化などで
本日のニューヨークダウやナスダックは反発。AI関連株やOASやDYDXトークンは大幅上昇した。
01/31 火曜日
15:59
英プレミアリーグ、Sorareと複数年パートナーシップ締結
大手ブロックチェーンゲーム会社Sorareは、英サッカー団体「プレミアリーグ」と複数年のライセンス契約を締結したことを発表した。Sorareはプレミアリーグとの正式な契約金を非公開としている。」
14:32
TOEICやトヨタ、DX化で加速するブロックチェーン導入事例
日本でTOEICテストを実施・運営する国際ビジネスコミュニケーション協会は、TOEIC® Program公開テストのスコアに、ブロックチェーン技術を活用したデジタル公式認定証を導入することを発表した。
13:09
米サークル社、USDC準備金の監査済「担保資産」の保有を強調
米ドル連動型ステーブルコインUSDCを発行する米サークル社は、2022年12月の準備金レポートを公開。流通しているUSDCを約1.4億ドル上回る準備金を保有していることがわかった。
12:00
Sudoswap、ガバナンストークンを配布
NFTの自動マーケットメーカープロトコル「Sudoswap」は、ガバナンストークンSUDOのエアドロップを実施。プロジェクトの分散化のために、トークンベースのガバナンス機構をスタートした。
11:56
FOMC前に株や仮想通貨反落、ナイジェリアでBTCプレミアム急騰の背景は
FOMCを控え米株指数や仮想通貨相場は全面安に、高騰していたアルト下落が顕著にみられた。一方、アフリカ大陸のナイジェリアではビットコイン・プレミアムが一時60%発生した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア