米Circle、仮想通貨ステーブルコイン「USDC」の裏付け資産を公開

仮想通貨USDCの裏付け資産を公開

米Circleは、自社が運営に関わるステーブルコイン「USDC」の裏付け資産の報告書を公開した。

現在、民間企業が発行するステーブルコインの裏付け資産を公開することは義務付けられていないが、透明性や信頼性を高める狙いがある。CircleのJeremy Allaire最高経営責任者(CEO)によると、報告書の公開は今回で、USDCが供給され始めて以来33回目になるという。

Circleについては今月、ニューヨーク証券取引所(NYSE)に株式を上場することが分かった。Allaire氏は今回、上場企業になるための努力を継続しながら、説明責任を果たし、透明性をさらに向上させていきたいと述べている。

関連USDC発行企業のCircle、NY証券取引所に株式上場へ

USDCの内訳

今回の報告書は、監査などのサービスを手掛ける大手会計事務所Grant Thorntonが発行したもの。報告書の内容は5月28日時点のもので、USDCの裏付け資産は以下のようになっている。

出典:報告書

  • 現金と現金同等物:61%
  • 譲渡性預金:13%
  • 米国債:12%
  • コマーシャルペーパー:9%
  • 社債:5%
  • 地方債とエージェンシー債:0.2%

現金同等物とは

容易に換金でき、かつ、価値の変動についてほとんどリスクがない、短期で投資される資産のこと。

今回、USDCを裏付ける現金同等物についても「満期まで90日以内の有価証券」と定義されている。

▶️仮想通貨用語集

内訳の概要は上記に示してある通りで、準備資産は合計で222億ドル相当(約2.4兆円)。5月28日時点で流通していたUSDCはおよそ221億枚で、USDCは米ドルと価値が1:1になるように運営されているため、流通額はそのまま221億ドルとなる。今回の報告書で、流通しているUSDCは裏付け資産が十分にあることが証明されたという。

USDTの裏付け資産

上述したUSDCは、2番目に時価総額が高いステーブルコインで、現在ステーブルコインの1位はUSDTである。

USDTの裏付け資産は今年5月に公開されており、3月31日時点の内訳は以下のようになっていた。

  • 現金及び現金等貨物、その他の短期預金、コマーシャルペーパー:75.85%
  • 担保貸付金:12.55%
  • 社債、ファンド、貴金属:9.96%
  • その他(デジタルトークンを含む):1.64%

そして、76%近くを占める「現金及び現金等貨物、その他の短期預金、コマーシャルペーパー」の内訳は以下。

  • コマーシャルペーパー:65.39%
  • 信託預金:24.20%
  • 現金:3.87%
  • リバースレポ・ノート:3.6%
  • 短期国債:2.94%

この内訳について、裏付け資産が公開された当時、暗号資産(仮想通貨)銀行Avanti BankのCaitlin Long創設者は、USDTの準備資産の大半が、短期国債や低リスクで流動性の高い証券ではなく、「品質のよくわからない信用資産」に投資されていることを問題視した。

なぜユーザーが支払った準備金で、これほどのリスクを取る選択をしたのかと疑問を投げかけ、準備資産はヘッジファンドの「遊び道具ではない」などと指摘している。

関連公開されたUSDT(テザー)の裏付け資産、専門家が「問題点」を指摘

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します