サークルK、仮想通貨のATMを北米店舗に大規模設置 Bitcoin Depotと提携

大規模で仮想通貨ATMを設置

暗号資産(仮想通貨)のATM(現金自動預払機)サービスを提供するBitcoin Depotは22日、大手コンビニエンスストアの『サークルK』とパートナーシップを締結したことを発表した。

今回のパートナーシップを通じて、米国とカナダにあるサークルKの店舗内に仮想通貨のATMを設置する。すでに30州のサークルKに、合計700超のATMの設置が済んでおり、最終的には何千台という規模まで増やす計画だ。これから仮想通貨の需要が増えるにつれて、ATMを利用するためにコンビニエンスストアを訪れる人の数も増加すると見ているという。

米ジョージア州を拠点にするBitcoin Depotのミッションは、「最もシンプルで、利便性が高く速い仮想通貨取引サービスを提供し、最終的に仮想通貨を一般の消費者にまで普及させること」だ。

このミッションを達成するため、現金と仮想通貨が交換できるATMを設置。現在利用者は、ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)、ライトコイン(LTC)など30超の仮想通貨と現金を交換できる。公式ウェブサイトによると、サークルKに限定しなければ、45超の州に3,000台を超えるATMを設置済みだという。

ATMは、仮想通貨ウォレットを作成し、Bitcoin Depotに登録するだけで使用が可能。希望する銘柄を選んで、ウォレットのアドレスを入力して現金を入れれば、自身のウォレットに仮想通貨が送金される仕組みとなっている。プレスリリースによると、登録から取引の完了まで、所要時間は1分から2分だという。

ウォレットとは

仮想通貨を保有・管理するための電子上の財布のこと。オンラインのホットウォレットとオフラインのコールドウォレットに大別される。

▶️仮想通貨用語集

Bitcoin DepotのBrandon Mintz最高経営責任者(CEO)は、今回のパートナーシップについて、以下のようにコメントを寄せた。

 

サークルKは、未来の経済や決済において、仮想通貨が果たす役割が大きくなることを理解している。

 

仮想通貨のATMを店舗に置くことによって、新しい顧客を呼び込むことにもつながり、従来の金融サービスが利用できない人々からの需要もあるだろう。

また、サークルKの幹部Denny Tewell氏は、以下のように述べている。

 

我々は、毎日少しつず人々の生活を簡素化できるように取り組んでおり、多様化する需要にも応えていきたい。

 

今回のパートナーシップを通じて、仮想通貨業界に早く参入し、存在感を高め、「仮想通貨を購入できるコンビニエンス(便利)な場所」になれることを期待している。

Coin ATM Radar」の情報によると、現在世界にある仮想通貨のATMの数は約2.4万台。国別に数を比較すると、それぞれ下位に大差をつけ、1位が米国、2位がカナダとなっている。

著者:K.Kobayashi
参考:プレスリリース , Bitcoin Depot

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します