米ペイパル2Q業績好調、仮想通貨関連事業の報告も

ペイパル、2021年第2四半期の決算報告

米決済大手PayPal(ペイパル)が2021年第2四半期の決算を発表した。同社が暗号資産(仮想通貨)取引をサービスに取り入れてから、今年の2Qで3期目となる。

出典:PayPal

ペイパルは、62.4億ドル(約6,850億円)の純収益を報告した。昨年同期と比べて+17%になる。また、第2四半期もユーザー数の伸びは堅調で、1,140万の新規アクティブアカウントを記録、アクティブアカウントの総数は4億300万に達した。

2Qに処理した決済の総額は3,110億ドル(約34兆円)で、前年同期比で+36%の伸びを示している。

仮想通貨事業の拡大

さらに、ペイパル傘下の大手送金アプリであるVenmoは、約580億ドル(約6兆円)の決済を処理し、58%の成長を遂げた。ペイパルは「仮想通貨の購入、販売、保管がVenmoユーザーの間で普及した」と述べている。

Venmoは、4月より仮想通貨売買への対応を開始している。ユーザーは、Venmo残高や、アカウントに紐付けられた銀行口座、デビットカードを使用して、最低1ドルから仮想通貨を購入可能だ。

その他仮想通貨関連では、仮想通貨カストディ企業Curvを取得したことについても言及。「仮想通貨・デジタル資産を取り扱う当社の取り組みを加速・拡大する」と説明している。

ペイパルのDan Schulman CEOは「第2四半期も引き続き好調な業績を達成した」として次のようにコメントした。

当社のプラットフォームは現在、4億300万のアクティブアカウントをサポートしており、プラットフォーム上の年間決済総額は約1兆2,500億ドル(約137兆円)に達している。ペイパルが、新興のデジタル経済において必要不可欠なサービスへと進化していることは明らかだ。

アクティブアカウント

あるプラットフォーム上で一定以上の活動がみられるアカウント。ペイパルは、過去12か月の内にそのプラットフォームで取引を行ったアカウントと定義している。

▶️仮想通貨用語集

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します