CoinPostで今最も読まれています

仮想通貨XRPは過去最高の日間取引量を記録=リップル社Q2レポート

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

リップル社のQ2レポート

米リップル社は29日、四半期毎に配信しているQ2レポートを発表。暗号資産(仮想通貨)XRP(リップル)の売却状況や活用事例、SECとの訴訟の進展などをまとめた。

2Qの総括

リップル社は2Qにおいて、相場は下落要因が絶えなかったと振り返った。相次ぐランサムウェア攻撃や環境問題、イーロン・マスクのツイートや規制当局の摘発が相場の不調につながったとした。

20年2月から21年4月までのおよそ1年(396日)間で、時価総額は15倍に拡大。しかし4月22日以降、相場全体が20%下落したと解説した。

他にも中国当局による仮想通貨事業者への摘発強化、ハッシュレートの低下などを要因として挙げた。

規制環境

また、各国の規制環境についても言及。英FCA(金融行動監視機構)やシンガポール金融管理局(MAS)が仮想通貨企業にライセンスを申請するシステムを策定していると紹介。対照的に消費者保護や正常な市場を促す規制ガイダンスを提供していないアメリカを批判した。

目下SEC(証券取引委員会)と進行中の訴訟については、Q2における主なアップデートとして以下を挙げた。

  • 裁判側がリップル社によるSECの内部資料へのアクセスが認められた。このような依頼が認められたのは今回が通算3度目。
  • SEC側のリップル社の弁護士との連絡の開示依頼を裁判側が却下。

リップル社側は現在、訴訟は情報交換や書類や証言をとる証拠開示(ディスカバリー)段階にあると説明。当初の予定では、8月31日に完了して、10月15日に専門家ディスカバリーを経るはずだが、SEC側は6週間の延長を要請していると述べ、リップル社はこの延期を全力で阻止して早急に訴訟をスムーズに進めていくとした。

関連:米SECが提訴したリップル社裁判の進展と今後のスケジュールまとめ

XRPの売却

また、リップル社が販売するXRP額は、前四半期とほぼ同水準の約170億円(1.57億ドル)を記録。このXRPは、リップル社の送金ソリューションであるODLにおける資金不足を解消するために活用されたという。

なお、仮想通貨データ企業CryptoCompare社の提供するCryptoCompare TopTier(CCTT)指標によれば、これらの販売されたXRPはQ2の総取引量の0.04%に相当すると説明。前四半期のXRP販売額は総取引量の0.07%だったとした。

Q2では30億XRPがエスクロから解除されたが(毎月10億XRP)、総額27億XRPが再びエスクロー契約に凍結された。

オンチェーンデータ

また、上述のCCTT指標によれば、XRPの日間取引量はQ1からQ2にかけて増加。日間平均取引量は22.6億ドルから44.9億ドルと約2倍になった。日別では、XRPの日間取引量は過去最高を4度更新するなど、Q2前半における取引の活況が目立った。

一方、銘柄別のボラティリティ(日間収益率の標準偏差)は11.5%を記録。Q1の9.0%から増加を見せ、ビットコイン(BTC)の5.0%やイーサリアム(ETH)の7.3%を上回っているとした。

XRPの活用事例

さらに、リップル社は仮想通貨XRPの活用事例を紹介。ブロックチェーン・プラットフォームのSwissborgがXRPを対象としたイールドウォレットをローンチしたほか、XRP建の計31の取引ペアを新規上場した。

XRP台帳では、ブロンチェーン上のトークン化を勧める動きもみられており、最近ではリップル社がNFTマーケットプレイスのMintableを買収したと報告。NFTは新たな事業モデルや、経済圏の拡大を促進させる長期的なポテンシャルを持っているとして、高く評価した。

さらに、リップル社は欧州圏のマネジング・ディレクターとして新たにSendi Young氏が就任したと報告。

リップル社の顧客ベースの約25%がいる欧州圏ではODL取引量は2020年と比べると250%増加しているという。年初来のODL取引量では4割が欧州圏での取引になるなど、ヨーロッパでの利用率が増えているとした。

欧州以外でも、アジア太平洋地域ではオーストラリアとフィリピンを繋ぐNovatti社とiRemit社がODLを活用していると述べた。

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
11/28 月曜日
13:01
Coinsquareで顧客の個人情報漏洩か
カナダの大手仮想通貨取引所「Coinsquare」の顧客データベースが侵害され、個人情報が流出した可能性があることがわかった。パスワードは流出していない。
12:30
BTC上抜けならず反落、アルト相場も売り優勢
FTX破綻の影響で疑心暗鬼の暗号資産(仮想通貨)市場では、リバウンド局面でビットコイン上抜けならず反落。前週末に反発してたアルト相場も一斉に売り優勢となった。
12:15
仮想通貨取引所の資産開示、コインベースなど報告開始
米仮想通貨取引所コインベースは資産証明についての方針を発表。FTX破綻を受けて、多くの取引所も管理する顧客資産の情報開示に関する対応を発表している。
10:00
プーチン大統領、仮想通貨の必要性を語る
ロシアのプーチン大統領は、デジタル通貨と分散型台帳の技術を使用した、新たな国際決済ネットワークの必要性を呼びかけた。ロシアは仮想通貨などデジタル資産の環境整備を進めている。
11/27 日曜日
17:00
仮想通貨市場も注目のCPIとは
仮想通貨市場に影響を与えることが増えてきたCPI(消費者物価指数)について、概要や日米の違いなどをわかりやすく解説。
13:00
仮想通貨よりも有利に、株投資で賢く「節税」する方法
世界的な景気悪化・インフレ局面のいま株投資をするなら、利益を上げるだけでなく効果的な節税によって利益を守ることも重要です。本記事では、株投資について発生する税金の基本から、具体的な節税方法まで詳しく見ていきましょう。
11:30
FOMC議事要旨でBTC底堅く推移、今後も米経済指標に注目を|bitbankアナリスト寄稿
国内大手取引所bitbankのアナリストが、比較的堅調だった今週のビットコインチャートを図解し今後の展望を読み解く。ビットコイン・オンチェーンデータも掲載。
11:00
週刊ニュース|加納JBA代表理事の税制改正要望提出に注目集まる
今週は、加納JBA代表理事が税制改正要望を提出したニュースが最も多く読まれた。このほか、仮想通貨ウォレット「メタマスク」のユーザーデータ取得に関する記事など、一週間分の情報をお届けする。
11/26 土曜日
16:35
MakerDAO、renBTCをDAI担保から除外
MakerDAOでステーブルコインDAIの担保資産からrenBTCを除外する提案がコミュニティ投票により可決された。
14:00
米マイクロストラテジー、BTC担保融資の清算ラインは?
米上場企業として仮想通貨ビットコインを最も保有しているMicroStrategy社の財務状況について、The Block Researchが分析レポートを公開した。
13:00
米規制機関、Genesis Capitalを調査か
仮想通貨レンディングサービスを提供するジェネシスキャピタルは、証券法違反などについて米国の規制機関から調査を受けている。同社はFTX破綻の影響を受けて選択肢を模索しているところだ。
10:30
米SECに書簡提出した議員ら、FTXから寄付金受け取り
米証券取引委員会に対して仮想通貨企業への過度な調査を批判する書簡を提出した議員らは、FTXから寄付金を受けていた。政治と企業の癒着という観点からFTX破綻を見る向きもある。
09:45
Ardana Labs、カルダノのステーブルコイン開発停止へ
カルダノ(ADA)基盤のステーブルコインの一つを開発してきた「Ardana Labs」が、資金調達とプロジェクトのタイムラインの不確実性を理由にプロジェクト停止を発表した。
07:50
バイナンス、16通貨ペアを廃止へ
仮想通貨取引所バイナンスは16の通貨ペアの提供を廃止する予定だ。セラムやネムが含まれた。
07:35
バイナンス、資産証明はBTCから
仮想通貨取引所バイナンスは、資産証明システムをリリースする計画を新たに発表。ビットコインからリリースを開始し、今後数週間でイーサリアムなど他の銘柄も追加していく。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/11/29 19:00 ~ 21:00
東京 東京都港区六本木
2022/12/09 19:00 ~ 21:00
その他 東京都中央区日本橋茅場町/オンライン
2022/12/10 13:00 ~ 17:30
その他 オンライン / オフライン会場(詳細はホームページをご確認ください)
重要指標
一覧
新着指標
一覧