バイナンス、香港で仮想通貨デリバティブ取引の提供を停止へ 欧州事例に続く

欧州3ヵ国に続く事例

仮想通貨(暗号資産)取引所バイナンスは7日、香港で先物・デリバティブ取引の提供を停止する予定を発表した。

デリバティブ取引

デリバティブ取引とは、先物取引やオプション取引など、通貨、株式、為替などの原資産と呼ばれる金融商品から派生して生まれた取引のこと。

▶️仮想通貨用語集

発表によると、香港居住のユーザーはデリバティブ用の口座を開設することがすでにできなくなっており、既存ユーザーが未決済ポジションを90日以内に清算する必要がある。また、全ての新規ポジションを開くことはできなくなったという。

対象となるデリバティブは、先物、オプション、証拠金取引およびレバレッジトークンだ。

バイナンスは、対象取引の提供停止について「コンプライアンスへのコミットメントに沿って実施する」と説明。7月末にもまずはドイツ、イタリア、オランダで先物・デリバティブ取引の提供を停止し、今後ヨーロッパ圏全域を対象にデリバティブ取引の提供を停止する計画を発表した。

バイナンスは今年、世界各国から厳しい目が向けられており、香港証券取引委員会(SFC)や英金融行動監視機構(FCA)、イタリアの国家証券委員会などの当局による規制関連の指摘を受けている。

関連:仮想通貨取引所バイナンス 各国政府の警告・金融機関のサービス停止事例まとめ

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します