米コインベース、仮想通貨4銘柄を新規上場

今週2回目の新規上場

米最大手暗号資産(仮想通貨)取引所コインベースProは12日に、4銘柄の新規上場を発表した。二日連続の新規上場となる。

新たに上場する銘柄は、Axie Infinity(AXS)、Request(REQ)、TrueFi(TRU)、Wrapped Luna(WLUNA)の4つ。口座への入金はすでに開始しており、取引が12日(9:00PT時間)以降に始まるという。

取引ペアは、AXS-USD、AXS-USDT、AXS-EUR、AXS-BTC、REQ-USD、REQ-USDT、REQ-BTC、REQ-EUR、REQ-GBP、TRU-USD、TRU-USDT、TRU-EUR、TRU-BTC、WLUNA-USD、WLUNA-USDT、WLUNA-EUR、WLUNA-BTC、WLUNA-GBPとして提供される。

関連仮想通貨取引所コインベースとは|投資家向け情報と注目ポイント

上場銘柄について

コインベースは上場対象の4銘柄について以下のように紹介している。

AXS:AXSはブロックチェーンゲームAxie Infinityのイーサリアム基盤トークン。ホルダーには、ステーキングやゲームプレイによってリワードを受け取る権利が付与される。

REQ:REQはペイメントをクリエイト、リクエストするプロトコル「Request」ネットワークのトークンだ。

TRU:TRUは無担保融資プラットフォームである「Truefi」のガバナンストークン。融資には、オンチェーンクレジットスコアが用いられる。

WLUNA:WLUNAはTerraブロックチェーンのネイティブ通貨LUNAのイーサリアム版トークンで、いわゆる「ラップド・トークン」の一種。常にLUNAと1:1で交換することができる。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します