仮想通貨市場は調整警戒、過去最高値更新のソラナが時価総額TOP10に

ビットコイン相場と金融マーケット

17日の暗号資産(仮想通貨)市場。 ビットコイン価格は、前日比-2.54%の506万円(46,870ドル)と反落した。

前日までにXRP(リップル)が前週比+59%まで急騰するなどアルト市場の過熱感が強まっていたこともあり、多くの市場関係者にとってこの程度の調整であれば織り込み済みか。

先日までのレンジ上限「1BTC=42,000〜41,000ドル」を割り込まずに推移するようであれば、現在のモメンタムは早々に損なわれないものと考えられるが、週足を大きく崩されるようであればダブルトップが示唆されるリスクもある。

海外メディアNEWSBTCのアナリストTony Spilotro氏は、ゼロライン上でゴールデンクロスする週足MACDの買いシグナルに対し、「レンジ相場では信頼度が落ちる場合もある」として、過去の相場を考察。赤の×印はMACDのデッドクロスを、緑の×印はMACDのゴールデンクロスを示している。(下図)

出典:NEWSBTC

「マクロ環境次第では、(トレンドが出ず)長い並行線を辿る可能性もあり得る」と、慎重な見立てを示した。

オンチェーンデータ分析

16日に掲載されたGlassnodeの週次レポートによれば、中国当局の取り締まり強化により、一時-50%激減していたBTCハッシュレート(採掘速度)は、112.5EH/s水準まで回復した。

出典:Glassnode

影響を受けたマイナーの12.5%相当が復帰したことを示すという。中国国内の大手マイナーは、海外移転・再稼働を進めていた。

関連:ビットコイン、「難易度調整」で歴史的水準-27.4%を予定

また、仮想通貨市場の地合い回復に伴い、マイナー(採掘業者)のネットポジションは、過去2か月間増加し続けている。現時点で+5,000BTC/月に達しており、中・長期的な展望を見据えた大手マイナーによる売り圧力減少を示している。

出典:Glassnode

なお、ブロックチェーン分析会社Nansenのデータによると、次世代チェーン「イーサリアム2.0」のデポジットコントラクトへの預入総額は、673万ETH(210億ドル相当)に達し、DeFi(分散型金融)エコシステムに流動性をもたらすネットワーク上の「ラップされたイーサリアム(WETH)」総量を上回った。

イーサリアムネット(ETH1)は、2022年までにETH2のビーコンチェーンとマージ(統合)されることで、合意形成アルゴリズムが現行のプルーフ・オブ・ワーク(PoW)からプルーフ・オブ・ステーク(PoS)へと切り替わる。いわゆる「フェーズ1.5」の実装まで長期間のロックアップを余儀なくされる中で、プロトコルへの信頼と期待を示している。

関連:なぜイーサリアムへの資金流入が続くのか、高騰続く背景は

個別銘柄の動向

個別銘柄では、ソラナ(SOL)が今年5月に記録した過去最高値を更新。大手分散型取引所UniSwapのネイティブトークン「UNI」を抜き、時価総額TOP10に浮上した。

出典:Messari

ソラナは9日、他分散型金融ネットワーク間の架け橋として、双方向性の「分散型ERC-20⇄SPLトークン」ブリッジとして機能するワームホールをローンチしている。

出典:solana.com(ワームホールの仕組み)

これは、既存プロジェクト、プラットフォーム及びコミュニティにおいて、トークン化されたアセットをブロックチェーン間で円滑に転送することで、Solanaチェーンならではの高速性と低コストの恩恵を享受できるようにするものだ。

SOLの高騰を示す海外のスラング“Solana Summer”には、ソラナチェーン上で行われたMangoMarkets(MNGO)のトークンセール需要も一因となったとの指摘があるほか、SOL基盤の NFTプロジェクト「DegenerateApe Academy」では、発行数10,000枚限定のゴリラコレクションが、わずか8分で完売するなど大きな反響を呼んだ。

直近のNFT市場では、大手マーケットプレイスのOpenSeaが、7月末の土日で3,500万ドル、4,900万ドルと過去最高取引量を観測するなど活況を呈したほか、元祖コレクティブルNFTゲーム「CryptoPunks(クリプトパンク)」のデジタルアセットが高騰するなど人気を博していた。

他銘柄では、ソラナ(SOL)とイーサリアム(ETH)チェーンを利用する分散型音楽配信アプリ「Audius」のガバナンストークン「AUDIO」が、前日比+72.1%の2.82ドルと高騰した。AUDIOは、Coinmarketcap(CMC)時価総額88位の銘柄。

出典:Messari

出典:Messari

日本国内でも若者の間で流行している「TikTok」との提携がポジティブサプライズとなった。

TikTok初の音楽ストリーミングの提携となる。

詳細:TikTok、分散型音楽配信アプリAudiusと提携

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します