エルサルバドル、ビットコインの専用ウォレットを9月にローンチへ

ビットコイン専用ウォレットをローンチ

暗号資産(仮想通貨)ビットコイン(BTC)を法定通貨とする法案を可決したエルサルバドルのナジブ・ブケレ大統領は23日、9月7日に公式専用ウォレット「Chivo」をローンチするとコメントした。

Chivoは、同日よりアプリストアからダウンロードできるようになると説明。以前と同様に今回も、ダウンロードした人には30ドル(約3,300円)相当のビットコインを付与するなどとしているが、ビットコインやChivoの利用は強制ではなく、選択は国民の自由であることを繰り返し述べている。

関連エルサルバドル、全国民に30ドル相当のビットコインを無料配布へ

ウォレットとは

仮想通貨のウォレットとは、仮想通貨専用の電子財布のこと。主に仮想通貨を保管するために利用される。

▶️仮想通貨用語集

エルサルバドルでは今年6月、ブケレ大統領が推進した法案が可決され、ビットコインを国の法定通貨として正式に認めることが決定。「ビットコイン法」として、米ドルと並行してビットコインを法定通貨として利用できると定めており、9月7日から施行されることになっている。

関連日本政府、ビットコインを外国通貨と認めず エルサルバドルの法定通貨化受け

今回の発表でブケレ大統領は、ビットコインの利用は強制ではないと繰り返し述べる中で、ビットコインのメリットも強調。ビットコインを法定通貨として導入することに否定的な声も上がっているが、利用が開始すればメリットを実感できるとした。

例えば、Chivoを利用することによって、利用手数料なしで送金が行えたり、観光業の労働者はビットコインでチップを受け取れるようになったり、同国にある200台のATMで現金として引き出すまでビットコインを保管しておくことも可能になると説明。

また、ATM以外に入出金できる場所も50箇所設置するとしており、そこではビットコインやウォレットに関する説明を受けられると述べている。

一方でビットコインやChivoを利用したくない人は、ウエスタンユニオンから手数料を支払って送金しても良いし、これまで通りの生活をすることも何も問題はないと強調。ビットコインを利用したい顧客を取り込まなくても良いと考え、送金手数料を支払っても良いという企業は、そのままこれまでと同様のビジネス形態を継続しても問題ないとした。

関連米格付け会社フィッチ「エルサルバドルのビットコイン法は、保険業界のリスクとなり得る」

ビットコイン法の規定

ビットコイン法には、「商品はビットコイン単位で価格表示が可能」、「ビットコインで納税も可能」などと定める以外に、「全ての経済主体(サービス業など)は、消費者からビットコインの支払いを提示された場合、支払い手段としてそれを受け入れなければならない」と記載がある。

そのため、「ビットコイン利用の選択は自由」とする今回のブケレ大統領のツイートは、法律に矛盾するとの指摘も上がっている。

関連ビットコイン、エルサルバドルで正式な法定通貨に

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します