米大手ビールのバドワイザー公式、30ETH相当のNFTを購入

米バドワイザーもNFT市場参入

米大手ビール銘柄の「バドワイザー」が、30ETH(約1,100万円)相当のNFT(非代替性資産)を購入したことがわかった。バドワイザーのOpenSea ETHアドレスにて購入履歴が確認された。

バドワイザーは、アンハイザー・ブッシュ社が製造するビールで、世界第3位のビール生産量を誇る。今回購入が判明したのは、「イーサリアム・ネーム・サービス(ENS)」を用いた「beer.eth」だ。イーサリアム・ネーム・サービスは、ドメイン名売買のようにOpenSea上で取引されており、オリジナルの文字列をブロックチェーンアドレスとして使用することができる。

イーサリアム・ネーム・サービスとは

イーサリアム・ネーム・サービス(ENS)とは、ウォレットの公開鍵を簡略化し、人間が読むことのできる文字列にカスタマイズできるドメイン名。

以前、大手NFTマーケットプレイスOpenSeaでそれのオークションが行われ、「darkmarket.eth」といったENSは数億円で売買された事例もあった。

▶️仮想通貨用語集

NFTの購入が行われたのは13日前で、口座のプロフィール写真となっている。また、バドワイザーのビールビンをモチーフとした8ETH相当のNFTは、執筆時点から約8時間前に購入された。

出典:OpenSea

これに伴い、バドワイザー公式アカウントは、ビールをモチーフとしたNFTをプロフィール画面に設定している。同作品は、Tom Sachs:Rocket Factoryが制作した「ロケット」の形のイラストとなる。

最近では、個人ではなく上場企業によるNFT購入も話題となりつつある。23日には、米決済大手Visa社が、人気NFTの『CryptoPunks#7610』を1,650万円(15万ドル)相当で購入した事例があり、本格参入の兆候として注目を集めた。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します