日本暗号資産ビジネス協会が事業計画2021を発表、「税制要望」実現に向けた与野党との対話方針にも言及 

JCBA 2021年度事業計画

一般社団法人日本暗号資産ビジネス協会(JCBA)は30日、2021年度の事業計画として、3つの重点テーマを発表した。

  1. 業界の知見集約・課題整理を通じて会員相互が高め合うプラットフォームの深化
  2. 暗号資産の社会的有用性の発信、教育・普及啓発
  3. 暗号資産関連ビジネスの機会創出・市場拡大などの発展へ向けた提言

事業計画の詳細

1つめについては、NFT(非代替性資産)市場の拡大や海外の金融機関の暗号資産業界参入など、この1年間で業界全体に起こった変化を踏まえたもの。

会員における新規ビジネスの創出や新規の会員参入が目立ったことで、「これらの変化に対応しながら、勉強会や分科会・それらの連携による業界の知見集約・課題や論点整理を通じて、会員相互が高め合うプラットフォームとしての役割の深化ひいては業界の発展を目指す。」としている。

2つめについては、暗号資産市場は世界的に拡大を続け、北米では機関投資家の参入や企業の投資などアセットクラスとしての認知が進み、また暗号資産技術を活用したユースケースが拡大・普及してきている一方、国内では投機的イメージばかりが先行することについて「憂いている」とした。

そのため、JBCAでは、調査資料やSDGs(国際社会共通の開発目標)・地方創生への貢献に資するユースケース創出への取組みなどを通じて、暗号資産のユースケース及び社会的有用性に関する発信、一般社会への理解の向上を目指したイメージ改善のための教育・普及啓発活動を行う。

3つめについては、今年7月に共同で金融庁に税制要望を提出したことを踏まえたものだ。「本要望及び提言の実現に向け、与野党を含む関係各所との積極的かつ着実な対話を行う。」と強調した。

また、暗号資産関連ビジネスの発展に向け、ステーブルコインの国内取扱に関する整理、新規通貨取扱・販売の促進・会計面の課題解決、NFTガイドラインの整備、DeFiに関する論点整理、機関投資家の参入課題の解決、暗号資産のユースケース等の発信・創出、AML/CFT に関する提言・成果物を発信する。

関連:「仮想通貨の税制改正で推定52%税収増も」JCBA・JVCEA、申告分離課税や繰越控除に関する共同要望書提出

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します