カルダノのスマートコントラクト、実装日が確定

スマートコントラクトの実装日確定

暗号資産(仮想通貨)カルダノ(ADA)の開発を行うIOHKは8日、スマートコントラクト「Plutus(プルータス)」の実装日が確定されたと伝えた。

実装日は9月12日21時45ごろ(UTC時間)となり、実装に伴って大型アップグレード「アロンゾ」も実行される。創設者のホスキンソン氏はSNSで、「アロンゾ時代を迎える」と述べた。

スマートコントラクトとは

あらかじめプログラムされた条件に応じて、自動的に契約を執行する仕組み・機能を指す。

▶️仮想通貨用語集

IOHKは発表で、「日曜日の実装に向けて、17時26(UTC時間)にカルダノのメインネットへのアップデート提案を提出した」、「アロンゾはこれまでに最も重要なハードフォークコンビネーターであり、カルダノにおけるスマートコントラクト時代の牢固たるファウンデーションとなってくれる」と説明した。

関連仮想通貨カルダノ、イーサリアムとのトークンブリッジが来週ローンチへ

カルダノの開発に関しては、大別して「Byron(バイロン)」、「Shelley(シェリー)」、「Goguen(ゴーグエン)」、「Basho(バショウ)」、「Voltaire(ボルテール)」と5段階に分かれており、現在取り組んでいるのは3番目の「ゴーグエン」だ。

ゴーグエンで実装されるのがスマートコントラクト機能。「バショウ」のテーマがスケーリング、「ボルテール」のテーマはガバナンスとなっている。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します