米大手仮想通貨投資企業パンテラ、新ファンドで400億円調達

パンテラのブロックチェーンファンド

米大手暗号資産(仮想通貨)投資企業パンテラは新たなファンドで、約400億円相当の資金を調達している。

ファンド『Pantera Blockchain Fund』は5月にローンチされ、現在107の投資家が参加。調達の目標額は約660億円で、現在も調達は続けられているという。

また、ファンドは仮想通貨業界に広く投資し、スタートアップのエクイティや早期段階にあるプロジェクトのトークンなどを対象としている。

エクイティとは

エクイティ(株式・株主資本)は、新株発行を伴う資金調達を指す。公募増資、第三者割当増資など新株を発行するファイナンスに加え、転換社債型新株予約権付社債(CB)などによる資金調達も含まれる。(大和証券参照

▶️仮想通貨用語集

これらの内容はSECへの書類で判明し、また、8月31日付でパンテラの運用資産は5,000億円を超えていることも明らかになった。

パンテラは複数のファンドを運用しており、ポートフォリオには、Bakkt、BitGo、Coinbase、FTX、NEAR、ポルカドット(DOT)など140以上の企業・プロジェクトが含まれている。

関連:仮想通貨投資企業パンテラ、機関投資家向けにビットコインファンドを新たにローンチへ

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します