テザー社「USDTの裏付け資産に中国恒大集団のコマーシャルペーパーは含まれていない」

USDTの裏付け資産

暗号資産(仮想通貨)ステーブルコイン「USDT」を発行するテザー社は、USDTの裏付け資産に、中国不動産大手「Evergrande(中国恒大集団)」が発行するコマーシャルペーパーや他の有価証券は含まれていないと明かした。

中国恒大集団は現在、デフォルト(債務不履行)の可能性があると報じられている。テザー社は8月にUSDTの裏付け資産を公開した際、628億ドル(約7兆円)の準備資産の85%が「現金及び現金同等物、その他の短期預金、コマーシャルペーパー」で保有されていると発表していた。今回の説明で、投資家らの懸念を払拭する狙いがある。

コマーシャルペーパーとは

企業が短期で資金調達するために発行する無担保の約束手形のこと。社債に似ているが、通常、社債の償還期間は1年以上なのに対し、コマーシャルペーパーは1年未満である。金利は発行する企業の信用力で決まるとされる。

▶️仮想通貨用語集

今回の内容はCoinPostの提携メディアThe Blockなど、テザー社の担当者の説明を入手した複数の海外メディアが報じた。テザー社が8月に公開したUSDTの裏付け資産は、6月30日時点の内訳。上述した「現金及び現金同等物、その他の短期預金、コマーシャルペーパー」の裏付け資産の内、最も多い58%が「コマーシャルペーパーおよび譲渡性預金証書」だとしている。

関連米テザー社がUSDTの準備資産内訳を公開、短期国債の割り当て増加

8月には、コマーシャルペーパーの発行者の格付けと満期日は報告したものの、以前から具体的な発行者については開示していない。今回テザー社の担当者は、「中国恒大集団が発行したものは裏付け資産として保有していないし、今までも保有していたことはない」と説明。そして「6月時点の発表の通り、コマーシャルペーパーの発行者の大半は、S&Pのような格付け機関でA-2ランク以上の評価を受けている」とだけ述べた。

The Blockが以前、「中国企業のコマーシャルペーパーを裏付け資産として保有しているか」と尋ねた時には、「グローバルな発行者のコマーシャルペーパーを保有している」とだけ回答し、それ以上の詳細は明かさなかったという。

関連テザー社、準備資産の情報開示を阻止するよう裁判所に要請

もし現在、テザー社が中国恒大集団のコマーシャルペーパーを持ってた場合、中国恒大集団がデフォルトしたら、そのコマーシャルペーパーの金利も得られず、購入した資金も返済されずに、USDTの裏付け資産の一部が失われる可能性もあった。

中国恒大集団について

中国恒大集団については今月7日、格付け企業のフィッチ・レーティングスが、「CCC+」から「CC」に評価を下げたことが関心を集めている。2021年に入ってからは、以下のように評価が下げられる状態が続いているもようだ。

14日にフィッチ・レーティングスは、中国恒大集団にデフォルトの可能性があることを示唆。万が一デフォルトに陥った場合、多くのセクターが信用リスクにさらされるとしているが、銀行部門への影響は対応できる範囲だと説明している。中国恒大集団の過剰債務と資金繰り不安は、株式市場でも懸念されているという。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します