リップル社、XRPのマーケットメイク計画の可能性=報道

XRPの流動性拡充を計画か

米リップル社がロンドンとシンガポールで暗号資産(仮想通貨)XRPのマーケットメイクプラットフォームの立ち上げを計画していることを、CoinDeskが情報筋の内容として報じた。しかし、リップル社の代表はCoinDeskに対して、そのような計画はないと答えた。

当初の報道によると、リップル社はそれぞれの国で、裁定取引の経験を持つトレーダーと、マーケットメイク及びセールスの担当者を募集。最大で計10名のスタッフを採用する予定だという。

マーケットメイクとは

マーケットメイクは、金融市場における取引方法の1つで、取引所から指定された値付け業者(マーケットメイカー)が、常時「売り」と「買い」の気配値(指値)を提示し、投資家の売買を成立させる方法。(SMBC日興証券参照)

▶️仮想通貨用語集

昨年12月に米SEC(証券取引委員会)がリップル社を訴えた直後、欧米一部のマーケットメイカーが相次いでXRPの取扱を停止すると発表したことから、リップル社が自らXRPの流動性を確保する必要性があるとの指摘がみられた。

「和解の計画はない」

現在進行中のリップル裁判について、リップル社側のリーガルチームは米FoxBusinessに対して、SECと和解する計画はないとコメントしたようだ。

FoxBusinessの報道員Charles Gasparino氏によると、リップル社側のリーガルチームは「Gensler委員長に、リップル社の裁判で業界の勝者と敗者を選ぶことはイノベーションの阻害になると証明することに自信がある」と話したという。

和解に関しては、今年の2月にリップル社とSECが提出した共同文書でも、「両当事者の弁護士が面会して協議したものの、現時点では、和解の見通しはないと考えている」と記されており、また、現在の裁判進捗からも和解の可能性は極めて低いと、リップル社の代表弁護士をつとめるJames K.Filan氏が先日述べていた。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します