米PayPal、仮想通貨・デジタル金融の新アプリを発表

PayPalのワンストップアプリ

決済大手PayPal(ペイパル)社は21日、暗号資産(仮想通貨)を含むデジタル金融を一括で管理できる新たなアプリを発表した。

発表によると、このアプリは国際送金、仮想通貨の売買と保有、法定通貨の高金利預金、アプリ内のショッピングツール、請求書の支払いといったデジタル金融の機能に対応するという。

仮想通貨に関しては、今までPayPalのプラットフォームが対応するビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)、ライトコイン(LTC)とビットコインキャッシュ(BCH)の4銘柄に変わりはなく、今回の発表では現物の入出金機能については言及されていない。

関連PayPal、英国で仮想通貨売買サービスを提供開始

また、高金利預金(デポジット)は非仮想通貨の商品で、PayPalが提携するオンライン銀行Synchrony Bankが提供する。

その他、アプリ内で全ての請求書の支払いを管理したり、ロイヤルティプログラムでのリワードを得ることなど充実した機能が盛り込まれているという。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します