決済大手PayPal、英国で仮想通貨売買サービスを提供開始 BTC、ETH、LTC、BCHの4銘柄対応

英国でも売買サービス開始

決済大手PayPal(ペイパル)社は17日、英国居住者向けにアプリ内での暗号資産(仮想通貨)売買サービスの開始を発表。米国以外では、初の事例となった。

対象銘柄はビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)、ライトコイン(LTC)とビットコインキャッシュ(BCH)の4銘柄。デポジット(出金)はできないものの、仮想通貨の売買と保有が可能となる。

最小1ポンド(約150円)から仮想通貨の購入ができる。取引上限額は1週間辺り225万円(15,000ポンド)で、米国の購入上限より低い。(約1,100万円)

関連: PayPal、仮想通貨サービスで初の国際市場進出 英国でビットコインなど4銘柄に対応

クリプト業界と決済企業

最近、決済企業が仮想通貨・ブロックチェーン技術に対して、積極的な姿勢を示す事例が見られる。

8月下旬には、決済大手Visa社が人気NFT(非代替性トークン)プロジェクト「CryptoPunks」#7610を1650万円(15万ドル)相当で購入していたことを発表。追随する形で、MasterCard社も今週独自のNFTを発行を表明するなど、大手企業のNFT参入が大いに注目を集めた。

関連: 決済大手Visa、人気NFT「CryptoPunks」作品を購入

PayPalは昨秋、米国居住者向けに仮想通貨売買サービスを開始。他にも金融包摂の観点から、デジタル通貨の将来性を高く評価しており、今春にはDan Schulman CEOが送金領域におけるCBDC(中央銀行デジタル通貨)などの利用を見込んでいた。

さらに、既存の金融システムよりも効率的で低コスト、なおかつ誰でもアクセスできる点からスマートコントラクトDeFi(分散型金融)の活用についても積極的な姿勢を見せていた。

関連: PayPal、分散型金融やスマートコントラクトにも関心

関連: DeFi(分散型金融)とは|初心者でもわかるメリット・デメリット、重要点を徹底解説

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します