『週刊SPA!』にNFT特典、メディアドゥ開発のブロックチェーン技術で

『週刊SPA!』にNFTの特典

株式会社メディアドゥは21日、「NFTデジタル特典付き出版物」を『週刊SPA!』などを発行する扶桑社と主婦の友社と共に開発したことを発表。10月12日から順次、雑誌および写真集の合計3タイトルが全国の書店を通じて発売される。

メディアドゥはデジタルコンテンツ流通・配信事業などを運営する企業。今回、メディアドゥ開発のブロックチェーン技術が利用されており、同社によると、出版物にこのようなNFT(非代替性トークン)の特典が付与されるのは世界初だという。

また、メディアドゥは10月12日、NFTを発行・販売ができ、「NFTデジタル特典」の発行も可能なプラットフォーム「メディアドゥNFTマーケットプレイス(仮称)」のサービスを開始予定であることもあわせて発表した。

関連:非代替性トークンNFTとは|主な特徴と将来性を解説

NFTとは

「Non-Fungible Token」の略称で、代替不可能で固有の価値を持つデジタルトークンのこと。ブロックチェーンゲームの「デジタルアイテム」交換などに用いられるのみならず、高額アート作品の所有権証明や、中古販売では実現の難しかった「二次流通市場」における権利者(クリエイター)への画期的な還元手段としても注目を集める。

▶️仮想通貨用語集

仕組みと特典内容

「NFTデジタル特典」第1弾は、扶桑社が発行する1)週刊誌『週刊SPA!』 2)同社出版の「北川綾巴写真集(タイトル未定) 特装版」、および主婦の友社の3)岡崎紗絵1st写真集「すがお。」特装版の、3タイトルで発行される。

出典:プレスリリース

「NFTデジタル特典」とは、メディアドゥとトーハンが商標登録出願中の呼称で、「購入した出版物などの特典として入手できる、NFTを活用した資産的価値を持つデジタルコンテンツ」を総称したもの。

出版物に添付されたカード上の16桁のギフトコードを自身のデバイスで読む込むと、NFTがWebサイト上で発行され、自身が保有していることが証明可能な「NFTデジタル特典」を取得できる。

今回の試みの背景には、出版業界の現状に対する危機意識があるという。また、「今後の成長が期待されるNFTマーケットにおいて、出版界が主たるコンテンツ供給源としてクリエイターやユーザーの支持を集められるよう、本施策を通して引き続きメディアドゥ・出版社・小売店との連携を拡大していく」と展望も明かしている。(詳細はプレスリリースを参照)

NFTマーケットプレイスもローンチ

メディアドゥは「NFTデジタル特典付き出版物」の出版にあわせて、10月12日にNFTマーケットプレイス「メディアドゥNFTマーケットプレイス(仮称)」を発表する予定で、同日正午よりサービスに関する報道関係者・IPホルダー向け説明会を開催。

説明会では正式サービス名の発表、サービス概要とコンセプト、NFTデジタル特典などの今後のサービス展開について説明され、参加者向けサービス体験会も行われる予定だ。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します