Bitrue、仮想通貨XRP関連エアドロップのソングバード(SGB)上場

SGBトークンの新規上場

暗号資産(仮想通貨)取引所Bitrueは26日、フレアネットワークのテストネットであるカナリア・ネットワーク「ソングバード」の配布完了を報告。27日19時よりソングバード(SGB)の新規上場を開始した。

SGBは上場後の高値で一時約100円となったあと、53-55円で推移している。(19時30分時点)

カナリアネットとは

メインネットの新機能を試す運用可能なブロックチェーン。テストネットと違い、トークン供給量が限られているため、ハッカーにとっても攻撃の対象となりやすく、堅牢性の検証にもつながる。また、メインネットの実装後も独自のブロックチェーンとして稼働を続ける特徴を持つ。

代表例としては、Kusamaネットワークがポルカドットのカナリア・ネットワークとなる。

▶️仮想通貨用語集

Flareと同様に、SGBトークンはガバナンスの役割を果たすために使用できる。Songbirdには2つの目的があり、1つ目はFlareでの展開を目指すアプリケーションの先行テストとコミュニティの構築。2つ目は、FLRトークン保有者がFlareの主要プロトコルに慣れるための期間となる。

取り扱いペアは以下の通り。

Bitrueは、今年7月時点でソングバードのローンチへの対応を早期表明。昨年12月に実施したXRP(リップル)のスナップショットに基づき、スナップショット時点のXRP保有額に応じてSGBトークンを配布する方針を示していた。

なお、SGBトークンの取り扱い開始後も、スパークトークン(FLR)のIOU取引(事前取引)の取引は継続し、FLRトークンと1:1の割合で付与される見込み。

ソングバードとは

ソングバード(Songbird)は、フレアネットワークのカナリアネット。基礎的な構造はフレアと同じもので開始する、実験的なネットワークとしてフレアに実装される機能をいち早く試す場になる。

フレアネットワークの実装後も、ソングバードはガバナンスの変更や、ネットワークへの変更などの試験的な実装を先駆けて導入していくこととなる。

また、ソングバード上で実際のFLRトークンを利用せずともFLRトークンの使い方を試すことができる。

フレアネットワークは仮想通貨XRP(リップル)の分散型台帳「XRPレジャー」に、スマートコントラクト機能を実装を目的とするプロジェクト。リップル社の投資部門Xpringも早期から出資しており、21年6月には業界企業から12億円の資金調達を完了している。

関連:Flare Network(FLR)、DCGなど参加の出資ラウンドで12億円調達へ

Bitrueとは

Bitrueはトレードやローン、投資など幅広い金融サービスを提供する仮想通貨運用プラットフォーム。2018年7月の設立以降、FlareのIOU取引や、Sparkトークンの取り扱いを表明するなど、DeFiやNFT(非代替性トークン)といった新たな領域の関連銘柄を早期上場してきた経歴がある。

150以上の銘柄を扱っており、独自トークンのBitrue Coin(BTR)は 手数料の低下や利回りの向上のほか、BitrueのDeFiプラットフォームで活用が可能。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します