CoinPostで今最も読まれています

ビットコインが激しい価格変動を伴う4つの理由

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ビットコインが大きく乱高下する理由
ビットコインは2017年12月末、過去最高値の約220万円を記録した後、大きく反落。2018年5月現在では、約90万円付近で取引されています。この記事では、高いボラティリティを引き起こす、4つの要素に言及しています。
ボラティリティとは
価格変動性のこと。相場のボラが大きければ大きいほど、ハイリスク・ハイリターンと言え、機関投資家の参入障壁の一つとなる。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

BTCの激しい値動き

ビットコイン価格は、2017年第四四半期〜2018年第一四半期にかけて、大きな乱高下を記録しました。

このような価格の大幅な上下は、なぜ起きるのでしょうか。

CoinMarketCapによると、2017年5月頃のビットコインは2,000ドル(約22万円)ほどで取引されており、2017年末には、過去最高値の約20,000ドル(約220万円)まで上昇、時価総額は実に3250億ドル(約35兆円)にまで達しています。

しかし、2018年第一四半期にはその反動で大きな反落を見せ、記事の執筆時点で、ビットコインは2017年12月の半値以下の8,000ドル(約88万円)で取引されており、時価総額も1430億ドル(約15兆円)ほどにまで縮小しています。

このように、ビットコインのボラティリティは非常に高くなっているのが現状です。

この記事では、不安定さを引き起こしていると考えられる4要素について記述していきます。

1.需要と供給

需要と供給という概念は、経済の基本であり、一般的に需要が高いものは、その価格も高くなる傾向にあります。

ビットコインは、そのプロトコルによって、「発行上限数:21,000,000BTC」と定められており、現時点で、今後マイニングされる残りの新規発行数は400万BTCとなりました。

仮想通貨への関心が高まる中、通貨発行上限量は、価格に影響を及ぼしていると言えるでしょう。

Mt.GOXの破産管財人など、大口が多額のBTCを送金する状況に陥ると、供給過多の予想を見越して、価格が急落する傾向にあるのです。

2.投機的側面

投機的側面では、投資家の意見、行動、メディアが大きな影響力を持ち、仮想資産の価格を大きく左右します。

有名な投資家が、仮想通貨に対して肯定的な意見を述べ、そのニュースがメディアを通して大衆に届くと、価格は好影響を受けやすく、ウォーレン・バフェットのような名の知れた投資家が、ビットコインに対して批判的な発言をすれば、仮想通貨価格に悪影響を及ぼす可能性があるのです。

3.規制問題

多くの人々が、仮想通貨業界に対する規制を悪いものとして捉えていますが、実際はその正反対です。

ビットコインは、発行されて10年近く経とうとしていますが、大規模な高騰は2017年に起こりました。

人々にとって、仮想通貨業界は”新しい業界”なのです。

あらゆる新規市場には、適切かつ明確な推進力のある規制が必要不可欠であり、投資家に理解できる枠組みを与え、安全性を確保することが求められています。

しかし一方で、この規制がどのように施行されるかで、ビットコインを始めとする仮想通貨全体の価格への影響が変わってくるのです。

以前、中国でICO規制が行われた際は、ビットコイン価格は5%下落し、イーサリアムは12%の下落を記録しています。

このように、単純な規制がビットコイン価格に多大な影響を及ぼすこともあるのです。

4.仮想通貨自体の変更

ビットコイン最大の特徴として、中央管理者がいないことが挙げられます。

しかしビットコインコミュニティは、重要な節目において、その基盤となるブロックチェーン技術の仕様変更について決断を行う場合があります。

そして、コミュニティ内でその変更に対して「完全な合意」が為されなかった際、仮想通貨のハードフォークが行われてしまうのです。

2017年、ビットコインに「SegWit」を適応するか否かでコミュニティで内部分裂が起こり、結果として、2017年8月にビットコインのハードフォークが発生。ビットコインキャッシュが誕生しました。

その過程で、7月頃からコミュニティ不安が募り、ビットコイン価格は、数日間で1900ドル(約20万円)まで下がり、再び2700ドル(約30万円)にまで回復するという大きな乱高下を記録しました。

このように、ビットコイン価格に影響を与える要素はいくつも存在し、依然として市場が未熟であることからも、短期的には高いボラティリティが収束することは難しいと言えるでしょう。

4 REASONS FOR BITCOIN’S PRICE VOLATILITY

May 23, 2018 by GEORGI GEORGIEV

参考記事はこちらから
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
09/27 水曜日
17:32
ステーブルコインとマネーマーケットファンドの取り付け騒ぎとは?
米ニューヨーク連邦準備銀行はステーブルコインにおける資産逃避リスクに関するレポートを発表した。シリコンバレー銀行破綻の際の事例などを分析している。
14:35
米議員ら、SECゲンスラー委員長に現物ビットコインETFの承認を要請
米国の超党派議員らは米証券取引委員会ゲンスラー委員長に書簡を提出。現物ビットコインETFの上場をただちに承認するよう要請している。
13:30
ブラックロックなど大手運用会社、ビットコイン・マイニング投資が増加
世界の巨大資産運用会社であるブラックロック、バンガード、ステート・ストリートが、ビットコインマイニング市場での影響力を強めつつある。特にBlackRockは2020年から米マラソン・デジタル・ホールディングスへの投資を増加し続けている。
12:57
米パンテラキャピタル、Web3業界の報酬水準について調査結果を発表
米仮想通貨ファンド大手Pantera Capitalは、Web3業界の報酬調査結果を公表した。透明性を高めることで、新たな才能をエコシステムに呼び込み、イノベーションの促進を図るというのが、その動機だという。
12:25
SECがビットコインETFの審査判断を来年1月まで延期、BTC取引量は6年ぶり低水準
長期金利上昇や米政府機関の閉鎖リスクなど不確実性が高まり米株指数が続落する中、暗号資産(仮想通貨)市場では、Ark Investと21 Sharesが申請中のビットコインETF審査判断が2024年1月まで延期された。
11:05
Celestia、58万アドレスへのエアドロップで初期参加促す
モジュラー型ブロックチェーンCelestiaは、独自トークンTIAを配布する計画を明らかにした。エアドロップを通じてイーサリアムとコスモスエコシステムのアクティブユーザーの関与を促進するねらい。対象アドレスは約58万件に及ぶ。
09/26 火曜日
17:16
L2「Base」、取引数急増の背景とその重要性とは?
コインベース支援のL2「Base」がトランザクション数で競合のArbitrumとOptimismを上回った。新興のソーシャルファイ「Friend.Tech」の影響と、各プラットフォーム及びイーサリアム保有者にもたらす利点を探る。
15:17
テザー社、シンガポールにおけるUSDTの規約変更に関する噂を否定
テザー社のパオロ・アルドイノ氏は、シンガポールにおけるUSDTサービス停止に関する噂を否定した。利用規約は数年前に変更されたものだとしている。
13:21
Arbitrum、83億円相当のARBをDAOの財源へ
仮想通貨イーサリアムのL2アービトラムは、ARBのエアドロップ未申請分83億円相当をArbitrum DAOの財源に割り当てたことを発表。数量は6,944万ARBで、初期発行量の0.69%相当である。
13:14
JCBAがIEO制度改革案を公開、企業の資金調達推進へ
一般社団法人日本暗号資産ビジネス協会(JCBA)は、IEO制度の健全化を目指す自主規制改革の初期案を公開した。価格の安定性向上と制度の運用方法の改善を目指し、関係者のロックアップ制度の確立、流動性の確保、公募価格の算定方法の多様化、及び安定操作の整備が挙げられている。
12:54
米SEC、破綻したセルシウスの資産分配についてコインベースの役割に異議
米証券取引委員会は、破綻した仮想通貨融資企業セルシウスの資産分配について、コインベースが果たす役割に反対する文書を提出した。
10:06
Friend.techコード活用のソラナ「Friendzy」急拡大
「Friendzy」は、ソーシャルファイ分野で注目を集める分散型アプリ「friend.tech」の類似技術を利用しており、ソラナエコシステム内で活況を呈している。週間取引量は1.36億円に達し、市場を牽引するfriend.techの半分近くに迫る勢いだ。
08:30
HTX(旧Huobi)、ETH12億円相当が不正流出
仮想通貨取引所HTX(旧Huobi)のアドバイザーであるジャスティン・サン氏は、HTXからイーサリアム12億円相当が不正流出したと発表。ユーザーの資産は安全であると説明している。
09/25 月曜日
21:35
5000BTC以上ビットコイン買い増し、米マイクロストラテジー
米マイクロストラテジーは新たに1.47億ドルのコストで5,445 BTCの仮想通貨ビットコインを取得した。
20:14
三菱UFJ信託銀行、バイナンスジャパンと協業で新たなステーブルコイン検討へ
三菱UFJ信託銀行は、バイナンスジャパンとステーブルコイン発行・管理基盤「Progmat」の協業により、円建てやドル建てを対象とした新たなステーブルコインの共同検討を開始することがわかった。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
重要指標
一覧
新着指標
一覧