イーサリアム財団の元研究員、司法取引で有罪認める

IEEPA違反の容疑認める

米ニューヨーク州南部地区の米国連邦検事局は27日、北朝鮮に暗号資産(仮想通貨)を利用した資金洗浄に関する情報を提供した疑いで逮捕されていた、イーサリアム財団のトップ研究員ヴァージル ・グリフィス容疑者が有罪を認めたことを発表した。

連邦検事局の発表によると、グリフィス氏は、北朝鮮が経済制裁を免れるために仮想通貨を利用する方法を伝達した。これにより、米政府が発令した制裁措置(制裁法)に反し、米国の国家安全保障を危険にさらしたという。

同容疑者は2019年、北朝鮮のカンファレンスで「どのようにしてブロックチェーン及び仮想通貨技術を利用すれば、北朝鮮が資金洗浄(マネロン)を実行できるか」をプレゼンしたとされる。

また、仮想通貨のマイニングなどに関する情報も提供。グリフィス容疑者は仮想通貨に関する情報を北朝鮮側に提供することで、核兵器やその他の違法行為に利用しかねないことを知っていたと指摘した。

このような行為が国際緊急経済権限法(IEEPA)に違反したため、最大20年の懲役が科せられる可能性があったが、司法取引を行ったため、懲役期間は5年〜6年半になる模様だ。

関連:北朝鮮マネロン関与疑惑のイーサリアム財団研究員、釈放され裁判を待つ

最高6年半の懲役

グリフィス容疑者は、IEEPA違反の共謀罪で起訴されていた。同法の違反は最大20年の禁固刑が科される可能性があるが、公聴会に出席したジャーナリストのイーサン・ルー氏によると、同容疑者は本日、最高6年半の懲役という司法取引に同意した。

ヴァージルはかなり感情的だった。話すとき、時々深いため息をついた。今回の有罪を認める答弁の原因となった新たな発展があったかどうかは明確でない。書類にサインしたのは昨日のことだ。考えられるのは、イーサリアム財団の弁護士による遠隔による証言が禁止されていることだ。

グリフィス容疑者は、2020年に行われた罪状認否では無罪を主張していた経緯がある。

この合意は、検察側の弁護士とグリフィス容疑者の間で行われてきた約2年間の法的なやりとりを締めくくるものである。この事件で提出された書類によると、週末には司法取引の決定がなされていたようだ。オードリー・ストラウス連邦検事は以下のように声明を発表した。

グリフィス容疑者は、本日の法廷で認めたように、わが国にとって最も危険な海外の敵国である北朝鮮を支援したことに合意した。同容疑者は他者と共謀して、北朝鮮に仮想通貨サービスを提供し、北朝鮮が制裁を逃れることを支援した。そして、そのために北朝鮮に渡航した。

その過程で、議会とプレジデントが定めた北朝鮮の悪逆非道な政権を押さえつける制裁措置を弱めることにより、米国の国家安全保障を危険にさらした。

正式な判決は2022年1月18日に下される予定である。

関連:国連、北朝鮮の仮想通貨カンファレンスへの参加禁止を警告 次回は来月開催

国連安全保障理事会の調査によれば、北朝鮮は過去にも傘下のハッカー集団「ラザルス」などを介して、2019年から2020年にかけて約330億円の仮想通貨を不正取得したことが報告されている。

北朝鮮は2006年の核実験以降、米政府から厳しい経済制裁を科せられており、仮想通貨の他にも石油の不正輸入などを介して国際金融へのサクセスを続けていたという。

関連:北朝鮮、約2年間で330億円相当の仮想通貨を不正取得か 国連専門家が言及

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します