テザー社、ブルームバーグの「数千億円ローン」調査に反論

テザー社が反論

テザー社は8日、Bloomberg BusinessWeekが報じた同社の財務状況に関する調査について反論する声明文を公開した。

背景となるのは、同日にブルームバーグが公開した調査報告の記事でテザー社に関する以下の数点が指摘されている。

  • 仮想通貨貸付企業Celsius Networkに1,100億円のローンを提供
  • 複数の仮想通貨関連企業に、ビットコインを担保に数千億円を貸している
  • テザーの準備金には、数千億円に相当する複数の大手中国企業の短期債券(コマーシャルペーパー)が含まれている。

記事によると、Celsiusはテザー社からのローンで、5%~6%の年利を支払っているという。テザー社はCelsiusが2020年6月に資金調達を行う際の主導投資家だった。

また、中国企業の短期債券について、調査記事を執筆したブルームバーグの記者Zeke Faux氏はテザー社の最高財務責任者Giancarlo Devasini氏が一部の準備金を会社の投資で運用していると指摘し、「1%のリターンでも年間770億円のリターンが得られるが、仮に債務不履行になれば、USDTの価値は1ドル以下になるリスクがある」としている。

一方、Faux氏が指摘する根拠について、テザー社にサービスを提供しているバハマ諸島の1つの銀行に対してのみ裏を取れたという。

コマーシャルペーパーとは

企業が短期で資金調達するために発行する無担保の約束手形のこと。社債に似ているが、通常、社債の償還期間は1年以上なのに対し、コマーシャルペーパーは1年未満である。金利は発行する企業の信用力で決まるとされる。

▶️仮想通貨用語集

テザー社:「メディアの繰り返し」

テザー社は声明で、「調査報告は虚偽な内容などで同社を傷つけようとしている」と批判。

同社はFaux氏が入手した情報の正確性を疑い、「調査報告のソースは、我々が以前解雇したJohn Betts氏という銀行員によるもののようで、彼は以前、不当利益を得ようとしたことで法的追及をされたことがある」と説明した。

また、Devasini氏の資金運用の判断について、「テザー社役員に対する指摘のソースも真実から遠く離れている」として、USDTは完全に裏付けを持つトークンで、これまで公開した書類でもそう証明されているはずだとした。

関連米テザー社がUSDTの準備資産内訳を公開、短期国債の割り当て増加

8月に公開された、6月30日時点における財務資産の内訳では、628億ドル(約7.5兆円)の準備資産の85%が「現金及び現金同等物、その他の短期預金、コマーシャルペーパー」で保有されている。また、9月に中国恒大集団(Evergrande)の債務動向が注目される際に、テザー社は、USDTの裏付け資産に、恒大が発行するコマーシャルペーパーや他の有価証券が含まれていないと明かした。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します