日本初、クラーケン・ジャパンが仮想通貨取引ペアに米ドルとユーロを追加

米ドルとユーロの通貨ペア

国内暗号資産(仮想通貨)取引所クラーケン・ジャパンは13日、日本で初めて仮想通貨取引の通貨ペアに米ドルとユーロを追加したことを発表した。

入出金は日本円のみ対応

クラーケン・ジャパンは以下の5つの銘柄を取り扱っているが、それぞれで米ドル建、ユーロ建の取引が可能となる。

また、以下のように法定通貨同士の交換も可能だ。

  • 日本円(JPY)/米ドル(USD)
  • 日本円(JPY)/ユーロ(EUR)
  • 米ドル(USD)/ユーロ(EUR)

クラーケン・ジャパンは今回の発表について、以下のように説明している。

今年7月に設立10周年を迎えたクラーケンは、本拠地がある米国市場を中心とした米ドル建ての取引高で世界最大級、ユーロ建ての取引高では世界一を誇っています。

こうしたことから、クラーケンの米ドル・ユーロペアの流動性は、業界最高水準の高さとなっています。

流動性は、市場で資産がどれほど流通しているか、どのくらい容易に売買できるかを示す指標。クラーケン・ジャパンは流動性の重要性を強調しつつ「クラーケンの米ドル・ユーロペアは、お客様が希望価格で取引が執行できるように高い流動性を提供している」と説明した。

なお、現状では米ドルとユーロの入出金には対応しておらず、法定通貨の入出金は日本円のみ可能とのことだ。日本円または仮想通貨を入金し、取引所でドルやユーロに交換して取引をすることになるという。

クラーケン・ジャパンが提供する米ドルとユーロ建ての取引は米クラーケンと共通する板を利用すると見られ、取引の流動性が日米欧で繋がる格好だ。

Krakenについて

2011年に設立されたグローバル取引所であるKrakenが本拠を置く米国では、最古の取引所の一つであり、堅牢なセキュリティ対策や流動性などに定評がある。また、2014年にはハッキングにより破綻したマウントゴックスに際して、その後の処理において支援を行ったことで知られる。

Jesse Powell最高経営責任者(CEO)は3月、株式上場の可能性に言及しており「保証はできないが、来年中にも上場を申請する可能性はある」と述べている。

関連:仮想通貨取引所クラーケン、株式上場を検討か=米Fox Business

その日本法人であるPayward Asia株式会社は、2014年に国内で仮想通貨取引所サービスを提供開始したが、2018年に国内外の暗号資産取引所やみなし業者への規制が厳しくなるなか、日本ユーザーに向けたサービスを終了し撤退。しかし、2020年9月に再度、暗号資産交換業者として、日本向けの口座開設手続きを開始した。

関連:米Kraken日本法人Payward Asiaの暗号資産取引所、口座開設可能に

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します